ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

足利まちなか遊学館

印刷用ページを表示する掲載日:2018年3月26日更新

足利まちなか遊学館外観の写真です。

 足利まちなか遊学館は、中心市街地のにぎわいと活力の創出を図り、地域の活性化に貢献することを目的に、開設された施設です。

 1階では、まち歩きを楽しむ観光客の皆さんに、休憩スペースを設け、足利の伝統産業である織物関係資料の展示や各種観光情報を提供させていただいています。

 2階では、手ぶらで気軽に着付け体験が楽しめます。歴史を感じさせる石畳みの街並みを斬新なデザインが特徴の絹織物「足利銘仙」を中心とした着物や足利氏発祥の地であるまちを甲冑姿でまち歩きしてみませんか?

館内の紹介

展示・休憩スペース(1階)

展示・休憩スペースの写真です。八丁撚糸機が展示されています。

展示・休憩スペースの写真です。椅子とテーブルが設置されています。

展示・休憩スペースの写真です。大きな番傘があります。

展示・休憩スペースの写真です。パンフレット等が置いてあります。

展示・休憩スペースの写真です。足利のPR映像が流れています。

展示・休憩スペースの写真です。椅子とテーブルがたくさん設置されています。

ゆったり広くご用意した休憩スペースに加え、織物機械などの資料を展示して、足利の織物産業の足跡の一部を紹介しています。

展示内容

  • 八丁撚糸機・組紐機
  • 足利銘仙などの織物資料
  • 近藤徳太郎氏(足利工業高校初代校長)の資料
  • 意匠登録についての資料
  • 足利市内で過去に撮影された映画等に関する資料

売店スペース(1階)

<珈の菓 まちなか店>

平成30年3月25日をもちまして営業を終了いたしました。長らくのご愛顧ありがとうございました。

着物着付け体験(2階)

着物を着て足利学校門前に並ぶ女性たちの写真です。

着物を着て足利学校門前に並ぶ女性たちの写真です。

着物を着た女性の写真です。

着物を着た女性が足利学校を散策する様子の写真です。

着物を着た女性の後ろ姿の写真です。

着物を着た女性の写真です。

着物を着た女性の写真です。

着物を着た女性の写真です。

着物を着て街歩きを楽しむ女性の写真です。

着物を着た女性の写真です。

着付けスタッフの集合写真です。

着付けスタッフの集合写真です。

「足利銘仙」を中心とした着物の着付け体験事業を実施しています。着物を着て、歴史的な風景の中でしっとり穏やかなまち歩きを楽しめます。

大会議室(2階)

大会議室の写真です。

大会議室の写真です。

サークル活動や会合などの場としてご利用いただけます。ご利用になる際には、予め来館・電話にて空き状況等をご確認ください。

大会議室料金表(税込)
区分午前午後夜間
 午前9時から正午まで午後1時から午後5時まで午後6時から午後10時まで
大会議室     640円      810円     1,080円


詳しい利用の方法は、館内職員、またはお電話にてお問い合わせ下さい。

所在地

足利市通一丁目2673番地1

開館時間

午前9時から午後5時まで

休館日

  • 毎月第3月曜日。第3月曜日が祝日の場合は開館し、翌日が休館日になります。
  • 年末

※足利学校の休館日に合わせ、休館日が変更となる月があります。

入館料

  • 無料(ただし、2階の会議室を使用する場合は有料です。)

アクセス

  • JR足利駅から徒歩5分
  • 東武足利市駅から徒歩10分
  • 東北自動車道、佐野藤岡インターチェンジから約25分
  • 北関東自動車道、足利インターチェンジから約8分 、太田桐生インターチェンジから約15分
  • 駐車場は観光駐車場(太平記館)をご利用ください。

お問い合わせ

足利まちなか遊学館、Tel.0284-41-8201