ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

足利織姫神社

印刷用ページを表示する 掲載日:2010年12月27日更新

 足利織姫神社全景 足利織姫神社境内 境内からの絶景

 『足利来るなら織姫様の 赤いお宮を目じるしに カラリコトントン カラリコトン 足利絵の街 機の街』と足利音頭に歌われた足利織姫神社。

 ここには、1,300年の歴史と伝統を誇る機業地足利の守護神が奉られており、産業振興と縁結びの神様として足利市民に広く親しまれています。

 この神社は、明治12年に建てられましたが、翌13年に火災により焼失してしまいました。その後、昭和9年に社殿再建に着手、3年の歳月をかけて当時では珍しい鉄筋コンクリートで昭和12年、現在の社殿が完成しました。

 朱塗りのお宮は緑に映えて景観が美しく、また、境内からは関東平野を一望できます。

 県立自然ハイキングコースの出発点にもなっていますので、ぜひお立ち寄りください。

 

織姫公園

織姫公園の桜 織姫公園のつつじ

 織姫公園は、昭和51年に面積10.5ヘクタールを整備し開園しました。園内北端の鏡岩広場からの眺望は、関東平野を望み、さらに足利市街地、渡良瀬川の清流を望む素晴らしいものです。公園の特色は標高60メートルから160メートルの山岳地帯に桜、もみじ(1,000本)、つつじ等の各種樹林を自然の植生を生かし造成されているところです。

所在地

 足利市西宮町 3889

交通アクセス

  • JR足利駅・東武足利市駅から2.2キロ(車で10分、徒歩30分)
  • 市生活路線バス(小俣線、松田線、名草線)で、通五丁目下車(徒歩15分)

駐車場

  • 織姫公園内に2か所、合計50台まで駐車できます。 (ただし、ホイルベース11メートル以上、高さ3.8メートル以上の車は駐車できません。)
  • 階段下の大鳥居向かいの織姫観光駐車場もご利用ください。(大型バス専用スペースが1台分あります。)

お問い合わせ

 足利織姫神社奉賛会 Tel.0284-22-0313