ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

じけんち市

印刷用ページを表示する掲載日:2010年9月28日更新

じけんち市の写真です。

 『じけんち市』は、鑁阿寺の北門を起点とする『奥の院通り』で、毎月第2日曜日(1月、2月は除く)に開催されています。
骨董や古美術品の青空市をはじめとして、農産物の即売や生活雑貨品のリサイクルなど、だれもが参加できる地域のイベントです。

 『じけんち市』の由来は江戸時代までさかのぼります。当時、この周辺は鑁阿寺の寺領として『寺家(じけ)』と呼ばれていました。『寺家』とは、僧や住職のこと、若しくは寺そのものを指す言葉ですが、後に寺院の家人の住むところを指すようになりました。その『寺家』では、毎月決まった日に市が開かれ、農産物や仏具を買い求める客が集まり、大変な賑わいをみせていたといいます。

場所

鑁阿寺北門・奥の院通り

アクセス

  • JR足利駅から0.7キロメートル(徒歩7分)
  • 東武足利市駅から1キロメートル(徒歩10分)
  • 市生活路線バス(中央循環線、山辺線、御厨線)で旭町下車
  • 市生活路線バス(松田線、小俣線)で大日西門下車
  • 駐車場は観光駐車場(太平記館もしくはトリコット会館跡地)をご利用ください。

お問い合わせ

 じけんち市実行委員会(大竹)、Tel.0284-41-7844