ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > クリーン推進課 > 平成28年度のごみの排出量

平成28年度のごみの排出量

印刷用ページを表示する掲載日:2017年6月19日更新

家庭系の燃やせるごみが減少!引き続きごみ減量にご協力ください。

平成28年度の家庭からでる燃やせるごみの排出量は、前年度比で439トン(約1.3%)減量となりました。

平成27年度は平成26年度と比較して、240トン(約0.7%)増加していましたが、生ごみの水切りや、紙類の分別徹底など、市民の皆様のごみ減量に対するご協力があって、再び減量することができました。引き続き、ごみ減量へのご理解・ご協力をお願いします。

生ごみの水切り、紙類の徹底をお願いします。

・生ごみは、水切りしてから出して下さい。   

 捨てる前の”ひと絞り”をお願いします。

 生ごみ水切り    

・草刈り後の草などは、土をよく払って乾燥させてから出して下さい。

 (雨による水分や、根についた土がごみの重量に影響します。)

・お菓子等の紙箱も資源(その他の紙類)です。

 (小さいものは紙袋に入れて、ひもでしばってまとめてから地区の資源物の日に出して下さい。)

お菓子の紙箱はまとめて資源物へ

ごみ減量アクションプログラム

足利市ではごみのより一層の削減を目指し、ごみを排出する際の重点行動を啓発するために、「ごみ減量アクションプログラム」を策定しています。

身近なこと、できることから、市民の皆様のごみの減量へのご協力をお願いします。

「ごみ減量アクションプログラム」の詳しい説明はこちら。

平成28年度ごみの排出量

1.家庭系の燃やせるごみ排出量(ごみステーション収集分)  単位:t

家庭系の燃やせるごみの排出量

※ 平成27年度対比 1.3%減

2.事業系の燃やせるごみの排出量(直接搬入、粗大ごみの可燃物) 単位:t

H25年度H26年度H27年度H28年度
18,86918,52018,21817,924
 

※ 平成27年度対比 1.6%減

3.燃やせるごみの排出量(家庭・事業・粗大ごみの可燃物の合計) 単位:t

H25年度H26年度H27年度H28年度
51,69450,82250,76050,027
 

※平成27年度対比 1.4%減

4.資源物古紙類(新聞紙・段ボール・紙パック・雑誌・その他の紙類)のごみステーション収集量 単位:t

H25年度H26年度H27年度H28年度
2,1372,0601,8431,759
 

※ 平成27年度対比 4.5%減