ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 広報課 > 古民家で大学生が頑張ってます!――大学地域連携プロジェクト

古民家で大学生が頑張ってます!――大学地域連携プロジェクト

印刷用ページを表示する掲載日:2018年9月5日更新

平成30年9月3日(月曜日)から5日(水曜日)まで、まちなかの古民家において文星芸術大学の学生たちが本市との大学地域連携プロジェクトを行いました。その名も『くるみ亭』。和紙で古民家をくるみます。

大学生たちが古民家で作業している様子の写真

実は昨年から作業を行っており、古民家の清掃から始め、装飾作業を経て、来年に完成する予定とのこと。今回は台風に見舞われるハプニングも発生しましたが、学生たちの情熱が勝り、順調に進みました。

大学生が和紙を床に張り付けるための糊を作っている様子の写真

女子大学生が糊を和紙に塗っている様子の写真

取材に伺ったときは、床に和紙を貼り付ける作業中でしたが、聞くところによると全部でなんと10枚の和紙を重ねるそう!かわいいネーミングと地道ながらも本格的な作業のギャップに驚きました。

男子大学生が器用に和紙を床に張り付けている様子の写真

女子大学生が夢中で和紙を床に張り付けている様子の写真

整然と床に張り付けられた沢山の和紙

笑顔で和気あいあいと作業をしつつも、緻密さを求められる場面では真剣そのもの。この取り組みに込める気持ちが伝わってきます。

慎重に糊がついた和紙を手渡している様子の写真

今から完成が楽しみですね☆

装飾が進む部屋の中で作業を続ける大学生たちの写真