ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 広報課 > 人工芝の運動場「あしスタ」できました!

人工芝の運動場「あしスタ」できました!

印刷用ページを表示する掲載日:2018年5月21日更新

平成30年5月20日(日曜日)、人工芝の西部多目的運動場のオープニングセレモニーがありました。

運動場の全景

この運動場は、足利大学から用地の無償貸与と、スポーツ振興くじの助成金を受けて、市が大前町の大学敷地内に整備したものです。

好天のもと、多くのサッカー少年・少女とともに、完成を祝いました。

喜ぶ少年たち

 

売りは何といっても、ふかふかの人工芝。

人工芝の接写

歩いても、なでても気持ちいい。

 

主催者、来賓のあいさつののち、公募によって決定した愛称の発表!

あしスタの横断幕

ジャーン!その名も「あしスタ」!

命名者の中山さん

命名者の中山さんに記念品の贈呈。

中山さんによりますと、「Assist(アシスト)Ashikaga(あしかが)」の略で、サッカーなどで得点に貢献するパスの「アシスト」にちなみ、足利を「手助け」する意味合いや、「足利からスターを」の願いも込められています。

単純に「あしかがスタジアム」の略ではないのですよ。

 

サッカー協会の少年少女と記念撮影

足利市サッカー協会から放送設備の寄贈がありました。協会を代表して小学6年生の二人が目録を市長に贈呈。

協会会長へ感謝状の贈呈

その感謝状を市長から勝沼会長に贈呈。

そして、テープカット!

テープカットの写真

 

そして、始球式!

蹴るのは市長!

やるき満々の市長

キーパーは………たかうじ君!

キーパーのたかうじ君

シューーーート!

シュートする市長

見事ゴール!でも後ろの子どもたちは、たかうじ君の味方でした。まさかのアンコールでもう一度。でもやっぱりたかうじ君は動けず…。

最後に足利大学牛山理事長と市長で記念撮影。

市長と理事長の記念写真

大学と市の連携によってできた新しい人工芝の運動場。

多くの人たちの笑顔溢れるセレモニーになりました。

サッカーをする少年

利用は6月1日(金曜日)から。

利用について、詳しくは↓こちらのページをご覧ください。

夜間照明設備付人工芝運動場「足利市西部多目的運動場(愛称:あしスタ)」がオープン

 

 

「撮っておき あしかが」の一覧ページへ