ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 道路河川整備課 > 地域再生計画(道整備交付金)事後評価の公表について

地域再生計画(道整備交付金)事後評価の公表について

印刷用ページを表示する掲載日:2018年9月3日更新

◎地域再生計画(道整備交付金)事後評価の公表について

 

・地域再生計画(人にやさしい安全安心のまちづくり計画)に係る事後評価調書の公表について

 足利市では、平成22年度から27年度にかけて道整備交付金を活用し、市道及び林道整備事業を行ってきました。計画期間終了に伴う事後評価を行い、整備効果等について検証し、事後評価調書を作成しましたので公表いたします。

地域再生計画(人にやさしい安全安心のまちづくり計画) [PDFファイル/667KB]をご覧になりたい方はこちらをクリックしてください。

事後評価調書 [PDFファイル/153KB]をご覧になりたい方はこちらをクリックしてください。

事後評価における学識経験者からの意見聴取結果[PDFファイル/99KB]をご覧になりたい方はこちらをクリックしてください。

 

・地域再生計画とは

 地域再生法に基づき、地方自治体が自主的かつ自立的な取組による地域経済の活性化、地域における雇用機会の創出、その他地域の活力再生(地域再生)を総合的かつ効果的に推進するため作成し、内閣総理大臣の認定を受けた計画です。

 認定を受けた地域再生計画に基づく事業に対しては、国から特別な措置を受けられます。

 

・事後評価の目的

 地域再生計画に記載された事業の進捗(しんちょく)状況や目標値等の実現状況を客観的に検証し、今後の地域再生を適切な方向に導くとともに、住民の皆さまに分かりやすく説明することを目的としています。なお、評価にあたり学識経験者から意見を聴取し、評価の透明性、客観性及び公正性の確保に努めています。

 

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)