ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 契約検査課 > 単品スライド条項の運用の拡充について

単品スライド条項の運用の拡充について

印刷用ページを表示する掲載日:2010年9月27日更新

単品スライド条項の運用の拡充について掲載いたします

   工事請負契約書第26条第5項の「単品スライド条項」については、平成20年8月1日に運用ルールを定め、価格高騰の著しい「鋼材類」と「燃料油」の2品目を対象に、現在まで運用を図ってきましたが、国及び栃木県の運用拡充を踏まえ、原材料費の高騰等に起因して、工事の請負代金額に影響を及ぼすほど価格が上昇している他の資材についても、単品スライド条項の対象品目としました。

1.運用拡充の内容

従前の指定2品目(鋼材類・燃料油)の他、発注者・受注者間の協議に基づき対象資材を拡大しました。

2.適用日

平成20年10月20日

工期の末日が平成21年1月20日以前である工事の請求は、残工期が2か月未満であっても、工期満了前であれば平成20年11月20日までに請求することができます。

*上記以外の項目については従前どおりです。