ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 元気高齢課 > たかろばカフェ(認知症カフェ)を開催してみませんか?

たかろばカフェ(認知症カフェ)を開催してみませんか?

印刷用ページを表示する掲載日:2016年5月9日更新

たかろばカフェってなに?

 たかろばカフェ(認知症カフェ)は認知症の人とその家族、地域住民、専門職等の誰もが参加でき、集うことが可能な交流の場のことです。

 足利市では、市内各地でたかろばカフェを開催し、認知症の正しい理解、認知症の人を介護する家族の介護負担の軽減を図れるよう活動する個人又は団体を募集します。

 認知症の人とその家族が地域で安心して暮らせるまちづくりを目指し、たかろばカフェを市内で開催してみませんか?

たかろばカフェとは、

「足利市イメージキャラクターたかうじくん」+認知症サポーター養成講座キャラバンイメージキャラクター「ロバ隊長

を掛け合わせて名付けられた足利市版認知症カフェの名称です。たかろばステッカー

☆委託条件☆

たかろばカフェを開催するためには、いくつかの条件があります。

  1. 認知症の人、家族、専門職等が参加すること
  2. 認知症の人の居場所づくりや家族の方の介護負担の軽減を図れる場にすること

その他、細かい条件については、たかろばカフェ(認知症カフェ)実施要綱、たかろばカフェ(認知症カフェ)事業業務委託仕様書をご覧ください。

☆実施の流れ☆

  • (1)本事業の実施を希望する個人又は団体より申請書及び計画書提出
  •  ⇓
  • (2)本事業内容等の審査後、事業委託契約の締結
  •  ⇓
  • (3)事業の実施
  •  ⇓
  • (4)本事業終了後に決算書及び報告書提出

☆関係書類☆

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)