ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

資源物集団回収事業

印刷用ページを表示する掲載日:2022年4月21日更新

 資源物集団回収事業

資源物集団回収(廃品回収)とは、自治会、育成会、生活学級、PTA等の営利を目的としない団体に、地域の自主活動として実施していただくものです。
一般家庭の資源化できる古紙類・ビン類・金属類等は、回収日を決め、一定の場所に集め、回収業者に売却することで、ごみの減量と再資源化、分別意識の高揚につながり、あわせて団体の活動資金の確保、地域のコミュニティ活動づくりにも役立ちます。

集団回収のイメージ

報奨金の内容が変更となります(令和4年4月1日実施分から)

(1)2,000円の回数割が廃止となりました。

(2)4円/kgの品目を、すべて7円/kgに引き上げました。

 
 内 容

変更前

変更後

重量割

段ボール、布類、その他のびん

4円/kg7円/kg

新聞紙、雑誌・その他の紙類、牛乳パック、アルミ缶、スチール缶、ビール大びん、一升びん、びんケース

7円/kg
回数割集団回収を実施した月に交付2,000円/回

廃 止

(3)締切日が変更となります。

集団回収を実施した月

締切日

変更前

変更後

4月

5月末日

6月末日

5月

6月末日

6月

7月末日8月末日

7月

8月末日

8月

9月末日10月末日

9月

10月末日
10月

11月末日

12月末日
11月

12月末日

12月

1月末日

2月末日
1月

2月末日

2月

3月末日

4月末日
3月

4月末日

 ※ 締切日が土日祝日の場合は、前営業日が締切日となります。
 ※ 報奨金は、締切日の翌月末に、登録されている口座へお振込みいたします。

登録から報奨金を受け取るまでの流れ

(1)団体の登録

初めて集団回収を行う前に、実施団体として登録を申請します。

提出書類
別記様式第1号「団体登録申請書」
添付書類として、団体の会則、予算決算書等の写し

(2)回収の準備

集団回収前に回収業者と相談し、町内に周知します。

  • 回収を依頼する業者を選び、いつ、何を、どのようにして集めるのかを業者と相談します。 回収を依頼する業者は、手引きの一覧に掲載してある業者のみになります。
  • 回収日時・場所・集める品目などを町内に回覧などを利用して早めに周知します。
集団回収の対象となる資源物
家庭から排出された、段ボール、新聞紙(折込チラシを含む)、雑誌・その他の紙類、牛乳パック、布類、アルミ缶、スチール缶、ビール大びん、一升びん、その他のびん、びんケース
※事業所のごみ、実施団体の単なる不用物の処分は、対象になりません。

(3)回収と引き渡し

集めた資源物を回収業者に引き渡し、伝票(仕切書)をもらいます。

(4)報奨金の交付申請

締切日までに報奨金交付申請書を市役所本庁舎2階クリーン推進課または公民館(織姫、助戸を除く)に提出します。

※代表者や振込先口座に変更があった場合は、あわせて変更内容を届出ます。

※書類に目立った不備、添付書類の不足などがあった場合は、書類を返送し、補正をお願いすることがあります。

 
提出書類
別記様式第3号「報奨金交付申請書」 添付書類として、仕切書の原本
別記様式第1号の2「団体変更届出書」(代表者や振込口座に変更があったときのみ) 添付書類として、通帳の表紙及び表紙の裏(団体名のフリガナが印字されているページ)のコピー

(5)報奨金の交付

市に登録されている口座に振り込まれます。

  • 報奨金は、締切日の翌月末に振り込みします。
  • 交付のお知らせは、行いません。
  • 通帳を記帳し、結果報告文などで町内に結果をお知らせしてください。

以降は(2)から(5)までの、繰り返しとなります。

申請書等のダウンロード

市役所本庁舎2階クリーン推進課または公民館(織姫、助戸を除く)までご提出ください。

各種申請書はコピーしてお使いいただけます。

Eメールでの申請は受付けておりません。

申請書の記入方法等でご不明な点がある場合は、下記担当までご連絡ください。

pdf 資源物集団回収の手引き(令和4年(2022)4月改定版)
    資源物集団回収の手続きの流れ、要綱等を掲載してあります。
excel資源物集団回収様式集 (令和4年3月31日実施分まで)
   資源物集団回収様式集(令和4年4月1日実施分から)
別記様式第1号、第1号の2、第3号を収録してあります。
別記様式第3号報奨金交付申請書には、計算式を設定してありますので、申請書作成の際に便利です。
pdf 別記様式第3号 報奨金交付申請書記入例 (令和4年3月31日実施分まで)
   別記様式第3号 報奨金交付申請書 記入例 (令和4年4月1日実施分から)
資源物集団回収を行った後、報奨金の交付を申請する際に使用します。
業者発行の仕切書原本の添付が必要です。
pdf 別記様式第1号 団体変更届出書 ・pdf記入例
団体の代表者や振込先等に変更があった場合に使用します。
変更届提出の際、通帳の表紙及び表紙の裏(団体名のフリガナが印字されているページ)のコピーの添付が必要です。 
pdf 別記様式第1号 団体登録申請書
資源物集団回収事業実施団体に初めて登録するときに使用します。
添付書類として、会則、予算決算書が必要となります。

アドビシステムズのHPへ

PDF形式のファイルをダウンロードするには、Acrobat Readerが必要です。 Acrobat Readerはアドビシステムズ社より無償で配布されています。


過去5年間の資源物集団回収事業の状況

年度H28H29

H30

R1R2昭和58年からの累計
延実施回数1,2041,1961,2111,156

860

---
回収量(トン)3,5823,2273,1492,7881,863121,682
報奨金交付額(千円)25,29922,93222,42419,92813,320650,290

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)