ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > こども課 > 幼稚園就園奨励費補助事業

幼稚園就園奨励費補助事業

印刷用ページを表示する掲載日:2017年4月1日更新
幼稚園児

平成29年度就園奨励補助事業の対象となる幼稚園は以下のとおりです。

 園名所在地電話番号

足利くるみ幼稚園伊勢南町9-10284-41-1492
足利短期大学附属幼稚園福居町6980284-71-1098
矢場川幼稚園里矢場町2261‐10284-72-5039
足利めぐみ幼稚園小俣町660‐40284-62-4831
足利さくら幼稚園島田町105‐10284-72-8509

 

幼稚園就園奨励費補助事業

幼児教育の普及充実と、保護者の経済的負担を軽減するため、新制度に移行していない私立幼稚園の保育料の一部を補助します。
補助額は、保護者の住民税(市町村民税)課税状況(父母の課税額を合算)等により算定します。

・平成29年度補助限度額表

階層  

保護者の課税状況(父母の課税額を合算)

第1子第2子第3子
1

生活保護を受給する世帯

308,000円308,000円308,000円

2

市民税が非課税の世帯ひとり親世帯等

308,000円

308,000円308,000円

ひとり親世帯等以外の世帯

272,000円308,000円308,000円

3

市民税の所得割のみが

非課税となる世帯

ひとり親世帯等308,000円308,000円308,000円
ひとり親世帯等以外の世帯272,000円308,000円308,000円
4

市民税の所得割課税額が

77,100円以下の世帯

ひとり親世帯等272,000円

308,000円

308,000円
ひとり親世帯等以外の世帯

139,200円

223,000円308,000円
5

市民税の所得割課税額が211,200円以下の世帯

62,200円185,000円308,000円
6上記以外の世帯

補助対象外

154,000円308,000円

【第1子・第2子・第3子の扱いについて】
  1. 1~4階層に該当する世帯…保護者と生計を一にする子のうち出生の早いほうから数えます。(扶養でない場合は対象外となります。)
     中学2年生・・・第1子   小学3年生・・・第2子 年中児・・・第3子
  2. 5・6階層に該当する世帯…従来通り小学3年生以下の兄・姉を対象に数えます。
     中学2年生・・・対象外 小学3年生・・・第1子 年中児・・・第2子

☆満3歳以上で足利市に住民登録のあるお子さんが対象となります。
☆申請書は、幼稚園を通して提出していただきます。
☆補助額は毎年12月頃決定します。
☆ひとり親世帯等とは、ひとり親世帯・在宅障害児(者)のいる世帯・そのほかの世帯(生活保護法に定める要保護者等、 特に困窮していると市長が定めた世帯)を指します。
☆所得の申告が済んでいない等の理由により課税状況が確認できない場合、補助を受けることができません。
☆平成29年1月1日現在、足利市に住民登録のない世帯は、平成29年度に納付すべき市区町村民税の課税額及び控除の内容を証明する書類を提出していただきます。
☆保護者が海外赴任等で平成29年度に住民税の課税がない場合でも、課税があるとみなして階層を判定するため、平成28年中の収入が分かる書類(海外勤務者用給与証明)を提出していただきます。
☆市民税所得割課税額については、地方税法による住宅借入金等特別税額控除を適用しない額を用います。
☆保護者の課税状況は単身赴任等で住民票が別になっている父親(母親)、内縁の夫(妻)の課税額も含めて算定します。
☆父母とも非課税の場合であっても、祖父母と同居していて世帯の生計の中心が祖父母の収入によって成り立っていると認められるときなどには、祖父母等の課税額から階層を判定することがあります。
☆足利市外の幼稚園に通園していても、足利市に住民登録がある場合には、幼稚園を通じて足利市に申請書を提出していただきます。