ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 障がい福祉課 > 障がい者団体の紹介に足利市障がい者アーチェリー協会を追加します

障がい者団体の紹介に足利市障がい者アーチェリー協会を追加します

印刷用ページを表示する掲載日:2017年12月22日更新

足利市内の障がい者団体について紹介します。

 楽しい行事をはじめとして、生活に直接役立つ事業や相談会など、さまざまな活動をしています。

 一歩踏み出してみませんか。いつでも仲間を募集しています。

【足利市障がい者アーチェリー協会】(新たに追加しました。)

 アーチェリー競技を身体障がい者スポーツセンター(市民プラザ)において、毎週定期的に実施しています。

 車いすをはじめ、障がいに応じて工夫しながらリハビリや筋力アップ、健康な体作りのために活動しています。アーチェリーは障がい者と健常者が同じ土俵で競技ができる唯一の競技です。

 障がい者と健常者が親睦を図りながら競技力の向上と全国大会出場を目指しています。随時相談や見学も実施しています。

【足利市身体障害者福祉会連合会】

 スポーツ吹矢などのスポーツ活動を身体障害者スポーツセンター(市民プラザ)で定期的に実施しています。

 また、両毛広域スポーツ大会や栃木県障害者スポーツ大会に参加しています。

 会員の健康づくりや会員相互の交流を深め、いきいきとした社会生活ができるよう活動しています。

【足利市視覚障害者福祉協会】

 視覚障がいのある会員が、中途失明者への電話相談や日常生活動作の訓練又情報を得るためのパソコン指導も実施しています。

 また、会員相互の交流事業もあり、安心して生活できるよう活動をしています。

【足利市聴覚障害者協会】

 聴覚障害者のための教養講座を開催するなど生活向上のための事業を実施しています。

 また、レクリエーション行事を通して、会員相互の交流と親睦を図っています。

【足利市知的障害者育成会】

 夏の療育訓練事業、秋のスポーツ大会、冬のクリスマス会などの行事を通して会員相互の交流を図っています。

 また、知的障がい者に対する正しい理解を深めるための啓発活動や知的障がい者の積極的な社会参加ができるよう活動をすすめています。 

【足利市肢体不自由児者父母の会】

 夏のレクリエーション教室、秋のふれあいスポーツ大会、冬のクリスマス会などの行事を通して会員相互の交流を図っています。

 また、障がい者に対する正しい理解を深めるための啓発活動や障がい者の積極的な社会参加ができるよう活動をすすめています。

【足利精神保健福祉会(やしお会)】

 毎月、定期的に、精神障がいを持つ方の家族が相談できる家族相談会を開催しています。

 家族による家族のための相談会です。

 また、電話による相談も随時実施しています。

【足利市ガッツの会】

 すべての障がい者と健常者が手と手を取り合って、社会参加をしようと活動しています。

 中途障がい者になられた方や家族からの相談、便利に明るく生きるための情報交換、盲導犬の理解を深めるためのセミナーや日帰り旅行や交流会など、皆さんの意見を基にイベントも企画しています。

 賛助会員も大歓迎です。