ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 財産活用課 > 温泉スタンドの位置

温泉スタンドの位置

印刷用ページを表示する掲載日:2013年4月1日更新

お問い合わせ先

足利市役所 政策推進部
財産活用課 
0284-20-2271

温泉スタンドの写真

浴用の一般的注意事項

ア 温泉療養を始める場合は、最初の数日の入浴回数を一日当たり一回程度とすること。
  その後は一日当たり二回ないし三回までとすること。
イ 温泉療養のための必要時間は、おおむね二ないし三週間を適当とすること。
ウ 温泉療養開始後おおむね三日ないし一週間前後に湯あたり(湯さわり又は浴場反応)があらわれることがある。「湯あたり」の間は、入浴回数を減じ又は入浴を中止し、湯あたり症状の回復を待つこと。
エ 以上のほか、入浴には次の諸点に注意すること。


 (ア) 入浴時間は、入浴温度により異なるが、初めは三分ないし十分程度とし、慣れるにしたがって延長してもよい。
(イ) 入浴中は運動浴の場合は別として一般には安静を守る。
(ウ) 入浴後は、身体に付着した温泉の成分を水で洗い流さない。(湯ただれを起こしやすい人は逆に浴後真水で身体を洗うか、温泉成分を拭き取るのがよい。)
(エ) 入浴後は湯冷めに注意して一定時間の安静を守る。
(オ) 次の疾患については、原則として高温浴(42℃以上)を禁忌とする。
        イ、高度の動脈硬化症  ロ、高血圧症  ハ、心臓病
(カ) 熱い温泉に急に入るとめまい等を起こすことがあるので十分注意する。
(キ) 食事の直前・直後の入浴は避けることが望ましい。
(ク) 飲酒しての入浴は特に注意する。
温泉スタンドの写真