ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 文化課 > 草雲美術館のご案内

草雲美術館のご案内

印刷用ページを表示する掲載日:2010年11月1日更新

草雲美術館の外観

草雲美術館(そううんびじゅつかん)とは?

 草雲美術館は、足利市ゆかりの文人画家、田崎草雲(たざきそううん)の遺作・遺品を収集・保存し、一般に公開するため、足利市在住の故・鈴木栄太郎氏が、昭和43年2月に私費を投じて草雲ゆかりの地、白石山房に建設し、同年4月に足利市に寄附されました。
 館内には展示室のほか、遺品室・応接室などがあります。
 また、庭園には、草雲が生前暮らしていた『白石山房』と呼ばれる2階建ての萱葺き住宅が残され、その隣には茶室と画室もあります。園内は小鳥がさえずり、まちの喧騒を忘れさせてくれます。
 館内の展示は、美術館所蔵品を中心に、2カ月に1度展示替えが行われ、草雲の作品を中心に紹介しています。

草雲美術館の入館案内

観覧時間

午前9時~午後4時

入館料

  • 個人(一般・高校生) 210円
  • 団体(20人以上) 160円
  • 中学生以下 無料

休館日

  • 毎週月曜日
  • 国民の祝日(休日)の翌日
  • 年末年始(12月29日~1月3日)
  • 館内整理日

 ※館内整理日は展示替えなどを行うため、展示計画によって不定期に変わります。
 ※詳しい日時についてはお問い合わせください。

画室・茶室のご利用案内

使用時間

午前9時~午後4時(草雲美術館開館日に限ります)

使用料

画室午前9時から正午まで2,370円
午後1時から午後4時まで3,240円
茶室午前9時から正午まで1,620円
午後1時から午後4時まで

2,370円

交通案内

アクセス

  • JR両毛線 足利駅からタクシーで10分
  • 東武鉄道伊勢崎線 足利市駅からタクシーで10分
  • 東武足利市駅・JR足利駅より、あしバスアッシー(足利市生活路線バス)で

    小俣線または松田線 『通6丁目』下車、徒歩15分/『通7丁目』下車、徒歩10分

駐車場

  • 草雲美術館駐車場 乗用車:約10台
  • 足利公園駐車場 乗用車:約10台

 ※大型バスをご利用の方は、事前にお問い合わせください。

お問い合わせ先・案内図

草雲美術館
足利市緑町2丁目3768番地
Tel./Fax.0284-21-3808
Eメール:souun@rhythm.ocn.ne.jp