ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 元気高齢課 > 平成29年4月から介護予防・日常生活総合支援事業が始まります

平成29年4月から介護予防・日常生活総合支援事業が始まります

印刷用ページを表示する掲載日:2016年7月1日更新

 平成27年4月の介護保険法改正に伴い、地域支援事業の内容が拡充され、介護予防・日常生活支援総合事業を全市町村で実施することになりました。

 本事業は、地域の実情に応じた支え合いの仕組みづくりや高齢者の居場所・生きがいづくりにより、介護予防の推進と要支援者等への効果的な支援を目指すものです。足利市では、平成29年4月の実施を予定しています。

<総合事業概要>

 現在、要支援認定を受けた方が利用している予防給付サービスのうち「介護予防訪問介護(ホームヘルプ)」と「介護予防通所介護(デイサービス)」が、各市町村が実施する「介護予防・日常生活支援総合事業」へと変わります。また、要支援認定を受けた方に加え、基本チェックリスト(※)により判断される方(事業対象者)もサービスを利用することができます。

 ※基本チェックリスト日常生活に必要な生活機能の低下や状態を把握するための、外出頻度、運動・栄養状態、もの忘れなどに関する25項目の質問票です。主に「はい」「いいえ」で答えることができ、回答内容が国が定める基準に該当する場合、介護予防・日常生活支援総合事業の対象者になります。

総合事業の概要

<厚生労働省「介護予防・日常生活支援総合事業のガイドラインについて」より抜粋>

<主な事業内容>

 ホームヘルプとデイサービスは、介護サービス事業所による従来のサービスに加え、NPO、ボランティア、市民などの様々な立場の方が参加し、サービスを提供します。

総合事業と生活支援サービス

<厚生労働省「介護予防・日常生活支援総合事業のガイドラインについて」より抜粋>

 総合事業は、要支援認定を受けた方や介護予防が必要な方(事業対象者)が、安心、安全な在宅生活を送るために、本人の状態や希望に合わせたサービスを受けることができます。また、どなたでも元気な時から介護予防できるサービスも設けております。

総合事業の構成

<厚生労働省「介護予防・日常生活支援総合事業のガイドラインについて」より抜粋>

<足利市のサービス内容>

足利市では以下のサービスを順次実施する予定です。

(☆29年度実施予定、★将来的な実施)

(1) 訪問型サービス

訪問型サービス

(2) 通所型サービス

通所型サービス

(3) その他の生活支援サービス・介護予防ケアマネジメント

(4) 一般介護予防事業

一般介護予防

※ 費用などの詳細については、後日お知らせする予定です。

<サービスの利用>

 介護予防・生活支援サービス事業については、要支援認定を受けるか、基本チェックリストにより事業対象者と判定されることで、サービスを利用することができます。事業対象者の判定には訪問調査や主治医意見書の必要はなく、基本チェックリストに答えるだけで判定できるため、判定後すぐに利用の手続きをすることができます。

利用手続き 

<厚生労働省「介護予防・日常生活支援総合事業のガイドラインについて」より抜粋>

<総合事業に関するQ&A>

Q1 総合事業の実施によりサービスの利用は今までと変わるのですか?

A1 総合事業の実施により、要支援の方のホームヘルプとデイサービスが総合事業に移行され、訪問型サービスや通所型サービスとなります。平成29年4月に要支援1・2の方は総合事業の対象となりますが、引き続きこれらのサービスを利用することができます。要支援1・2の方で、平成29年4月以降に訪問型サービスや通所型サービスのみを利用する方については、従来の更新申請を省略し、基本チェックリストによる回答内容で事業対象者の判定を行い、サービスを継続して利用することができます。 


Q2 総合事業が開始されると、ショートステイ(短期入所)や手すりなどのレンタル(福祉用具貸与)は利用できなくなってしまうのですか?

A2 ホームヘルプとデイサービス以外の要支援1・2の方に対するサービス(介護予防福祉用具貸与、短期入所、訪問看護、通所リハビリテーションなど)に変更はなく、今までどおり介護予防給付としてサービスが受けられます。訪問型サービスや通所型サービス以外の介護予防給付のサービスを利用する場合には、これまでと同様に介護保険の申請(新規・更新)をして、要支援認定を受けることが必要です。


Q3 平成29年4月に要介護1~5の方は何か変更はありますか?

A3 今までどおりで、変更はありません。


Q4 総合事業実施後も引き続きサービスを利用する場合、何か手続が必要ですか?

A4 現時点では、特別な手続きなどは予定しておりません。ただし、総合事業のサービス利用にあたって改めて書面を取り交わすことや、地域包括支援センターの職員や担当のケアマネジャーの方との面接などが行われる可能性があります。


Q5 総合事業の実施により利用料などの負担は変わりますか?

A5 利用するサービスの内容や回数などにより異なりますが、現在と同じか、利用しやすい料金設定を検討しています。なお、サービス内容の詳細や利用料は現在検討中です。


Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)