ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 元気高齢課 > 介護予防・日常生活支援総合事業サービスを利用するには (総合事業の申請)

介護予防・日常生活支援総合事業サービスを利用するには (総合事業の申請)

印刷用ページを表示する掲載日:2017年2月1日更新

      総合事業のサービスを利用するには、元気高齢課に申請をする必要があります。 

<総合事業申請の流れ>

1 申 請 

相談窓口:足利市役所元気高齢課、地域包括支援センター

申請窓口:足利市役所元気高齢課

      申請は、本人及び家族のほか、地域包括支援センター、指定居宅介護支援事業者が代行することもできます。

【必要書類】
〇介護保険被保険者証

※介護保険被保険者証が紛失等で無い場合は、下記の書類をご用意ください。

窓口来所者/必要書類

介護保険被保険者証
再交付申請書

本人の身分証明
となるもの

家族の身分証明
となるもの

地域包括支援センター職員証・
介護支援専門員証

本人

 ☓

家族

 ☓

地域包括支援センター職員・
ケアマネジャー


<身分証明となるもの>
 運転免許証・健康保険被保険者証・後期高齢者被保険者証・生活保護受給証明書・マイナンバーカード

2 確 認

 相談による聞き取り内容や基本チェックリストの結果から、事業対象者に該当するかどうか確認します。 

3 結 果

 事業対象者に該当された方には、「介護保険被保険者証」、「負担割合証」(新規申請者のみ)、「基本チェックリストのコピー」、「地域包括支援センターの案内」をお渡しします。(申請が集中したときは、窓口での待ち時間がかかる場合がありますのでご了承ください。)

 「事業対象外」となった場合でも、一般介護予防事業、高齢者在宅福祉サービスの利用ができます。

4 サービス利用

 心身の状況や生活環境に応じて、サービスの種類や内容を相談し、ケアプランを作成します。
 
☆相談窓口

  地域包括支援センター又は担当のケアマネジャーにご相談ください。
 

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)