ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 広報課 > 市長定例記者会見(平成25年5月)

市長定例記者会見(平成25年5月)

印刷用ページを表示する掲載日:2013年5月23日更新

このページは定例記者会見の要旨を秘書広報課がまとめたものです

日時

  • 平成25年5月20日(月曜日) 午後4時30分~午後4時50分

会場

  • 市役所3階 第一委員会室

1 市長あいさつ

 所信表明演説が本日無事終わりました。就任から一週間がちょうど経過しました。こんなにも慌ただしいのかというのが正直な感想です。金曜日は15・6件の会合にお邪魔してきました。記者の方が比較的楽だったとも思います。職員に支えられながら、また市民の応援も受けながらやっていきたいと考えています。所信表明は就任式や前回の記者会見の内容で構成させていただきました。金曜日には鑁阿寺の国宝というニュースが飛び込んで来ました。大豆生田市長のご努力も勿論あったと思いますし、私にとって幸先のよいニュースだと思っています。早速土曜日に二つの駅で職員が足利学校参観料を半額にするチケットを配布しました。この半券を使って入場された方が18日土曜日が454人、19日日曜日が514人で併せて968人の方に入場いただきました。これを含めた足利学校の入場者が849人、日曜日が1118人で、合わせて1967人ということでした。ゴールデンウイーク直後の土日と比べるとそれほど増えていませんが、4月と比べるとそれなりに来ていただいたのかなあと思います。ただ短期的にどうのこうのということではなく中長期的にどのように観光の弾みとして位置付けて行くのかの方が大事だと思いますので、そういう視点で取り組んでいきたいと思っています。

2 会見事項

(1) 市長の所信表明について

質疑・応答

《質問》 市民からは市を挙げて祝賀行事をするべきではという声が出ていますが、それについてはどうお考えですか。また鑁阿寺が所有する宝物の展示などはお考えですか。
《市長》 大変いいご指摘ですので、担当部署と相談をしたいと思います。

《質問》 今回の国宝指定を機会と捉えて観光部門あるいは観光協会を含めた組織の見直しはお考えですか。
《市長》 具体的指示はまだこれからですが、長い目でみるとそういうことも必要になってくるかもしれません。当面はプロジェクトチームを作り国宝にかかる動き、PR、さきほど質問のあった祝賀事業ができないか検討を進めたいと考えています。それとは別に観光部門については時機を見て人員的なことも含めて組織強化したいと考えています。

《質問》 プロジェクトチームは官民で作りますか。
《副市長》 とりあえずは庁内で横断的に作りたいと思います。

《質問》 それはいつぐらいまでに作りますか。
《副市長》 市長にご指示をいただいたらすぐに作りたいと思います。
《市長》 記者の方からもいいアイディアがありましたらご教示ください。

《質問》 観光を通過型から滞在型へ転換するというところで具体的なイメージはありますか。
《市長》 食べたり見たり楽しんだりということだと思いますので、規模は大きくなくても小さい所でも市が主導して作っていけたらなあというのが私の夢でもあり考え方であります。食事をしたり、例えばショーを楽しんだりというイメージを持っています。

 《質問》 鑁阿寺については現在都市公園として市が管理されているようですが、今後も継続して管理されるのでしょうか。
《副市長》 鑁阿寺は大日苑という都市公園として市が管理します。

《質問》 観光客から参拝料を取ったらどうかという声も一部聞こえますがこの点についてはいかがでしょうか。
《市長》 24時間市民の憩いの広場として開放しており、七五三のお参りにも多くの市民がお参りに来ていますので、参観料取るとなると閉めないといけないのでそれがいいかどうか議論があると思います。ただ一方で国宝としてそれなりの管理が必要となってくると思いますので、そこら辺をどう折り合いをつけていくのか他の国宝の事例を見ながら検討してまいります。 

(2)市議会日程・観光情報

広報広聴担当課長補佐説明