ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 広報課 > 市長定例記者会見(平成25年8月)

市長定例記者会見(平成25年8月)

印刷用ページを表示する掲載日:2013年9月5日更新

このページは定例記者会見の要旨を秘書広報課がまとめたものです

日時

  • 平成25年8月21日(水曜日) 午前11時~11時35分

会場

  • 市役所3階 第一委員会室

1 市長あいさつ

 今月7日、鑁阿寺本堂が、正式な国宝指定の決定を受けました。改めて、ご住職をはじめ、これまで鑁阿寺を守り続けてこられたみなさまのご尽力に感謝申し上げます。市としても、これを契機に「観光誘客輝きプロジェクト」で検討した短期的・中長期的な施策の実現に向けて着実に取り組んでまいります。さて、今月31日(土曜日)に開催する、記念事業の1つでもある、「鑁阿寺本堂を考える」シンポジウムの申し込みでは、初日で定員を超える申し込みがあり、会場を変更して、より多くの人に参加してもらうようにしました。市民や関係者の皆さんの関心の高さを感じているところです。

2 会見事項

(1)行政組織の改正について

市長説明

この度、積極的な企業誘致及び新たな産業用地の早期開発のための組織の新設、並びに公約でもあります「現場主義の徹底」として、一部出先機関等の組織強化を図るため組織改正することにいたしましたので報告します。詳細は担当課長から説明します。

経営管理課長説明

(資料に沿って説明)

質疑・応答

《質問》 新産業用地開発室の人数は何人ですか。
《課長》 現在3名程度を考えています。

《質問》 商工振興課内部での対応になりますか。
《課長》 現在企業誘致や国・県との協議に従事している職員や今までの経験者を含めて全庁的に検討します。 

《質問》 具体な内容は何をやりますか。
《課長》 市長の公約でもある生きのいい企業の誘致と、新産業団地の開発に向けての国・県との協議を行います。それに向けた体制を整えるということです。 

《質問》 新産業団地の用地については国道50号沿線を考えていますか。
《課長》 具体的な場所は明言できません。

《質問》 半年で課内室に戻すのは、何か不都合なことがありましたか。
《課長》 4月に柔軟な人事配置と組織のスリム化を目指して改正しましたが、新しい市長が色々な出先機関を回った結果、課長権限のある者を置くことが必要との結論になりました。市民サービスの向上、現場主義の徹底が図れるとの市長の前向きな姿勢の表れと理解していただければと思います。特に不都合な点というのはありませんでした。

(2)平成25年度栃木県・足利市総合防災訓練について

市長説明

防災関係機関が相互に連携を図りながら、より実践的な訓練を実施し、市民の防災に対する理解と意識の高揚を図ることを目的として、栃木県と足利市が主催で総合防災訓練を14年ぶりに実施します。詳細は担当課長から説明します。

危機管理課長説明

 (資料に沿って説明)

質疑・応答

《質問》 今回は地震を想定した訓練ですか。地震学に詳しい織原元市議にアドバイスをもらったらどうですか。
《課長》 ご活躍は承知しております。

《質問》 この場所での開催は何回目ですか。
《課長》 平成11年度以来2回目です。

(3)歯及び口腔の健康づくりの推進について

市長説明

歯及び口腔の健康は、生涯にわたる健康づくりに非常に重要であり、市では、平成19年3月に「健康あしかが21プラン(改訂版)」を策定し、歯及び口腔の健康づくりに努めています。こうした中、平成23年4月には栃木県において「栃木県民の歯及び口腔の健康づくり推進条例」、平成23年8月には、国において「歯科口腔保健の推進に関する法律が」施行され、国、県の取り組みが強化されているところです。この度、市においても「(仮称)足利市民の歯及び口腔の健康づくりに関する条例」の骨子案がまとまりましたので、報告いたします。詳細は担当課長から説明します。

健康増進課長説明

(資料に沿って説明)

質疑・応答

《質問》 県内の状況はどうですか。
《課長》 7月31日現在で佐野市、鹿沼市、小山市、日光市、那須烏山市が施行済みで、栃木市が26年4月1日施行予定、下野市も来年3月頃施行予定と伺っています。 

《質問》 財政上の措置とは何を指しますか。
《課長》 例えば6月の歯の衛生週間に歯科医師会との共同事業を開催していますが、市の方でも事業費を助成しています。また、歯周疾患検診ということで40歳から75歳の方を対象に検診を行っています。今後あらたな事業が出てきた場合には予算要求していきたいと考えています。 

《質問》 足利市の条例の特色は何ですか。
《課長》 国・県の指導に従い制定しているので、各市でさほど大きな違いはないかと思われますが、定期的に事業を行い市民に歯の周知を行うという部分は他市にはない動向になっていると思われます。

(3)観光情報

広報広聴担当室長説明

  (資料に沿って説明)

質疑・応答

なし

(4)その他

質疑・応答

《質問》 敬老会の一覧表はまだ出ませんか。
《課長補佐》 いきいき長寿課に連絡しておきます。

《質問》 組織改正、副市長の交替に伴い、人事異動もありますか。
《市長》 年度途中ですので大規模にはできませんが、必要があれば行います。 

《質問》 観光振興の部署は今回できないのですか。
《市長》 来春に向けて必要があれば組織強化をしていきたいと考えています。ただ、当面は庁内のプロジェクト会議や担当課で事足りると考えています。

《質問》 鑁阿寺の国宝正式指定に伴い、各種施策を進められていますが、例えばフラッグの本数が足りないなどの声が一部ありますが、追加的な事業があれば教えてください。
《市長》 市民のみなさまから物足りないという声があれば追加的に考えて行きたいと思います。現在祝国宝指定のバッヂを製作して、全職員に着用させようと考えております。私もいつもは広告塔としてたかうじ君のバッヂを着けていますが、そういった小さな努力を積み重ねて行きたいと考えています。もし良いアイデアがあればお知らせください。

《質問》 バッヂはいつ頃できあがりますか。
《市長》 フラッグと同じデザインで、近日中には出来上がります。

《質問》 副市長人事はもう決定したのですか。
《市長》 まだご報告できる段階にはありませんので、公式のコメントは控えさせていただきます。