ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 児童家庭課 > 11月は児童虐待防止推進月間です

11月は児童虐待防止推進月間です

印刷用ページを表示する掲載日:2017年11月1日更新

 児童虐待問題は社会全体で解決すべき重要な課題となっています。そのため、国では毎年11月を「児童虐待防止推進月間」と定めています。

◇児童虐待とは

 児童虐待は、子どもの生きる力をうばい、人としての尊厳を傷つける行為です。
 養育者が、「そんなつもりではなかった」と思っても、子どもが傷ついたり、「恐い、つらい」と感じていたら、それは虐待になります。

 【児童虐待の分類】
 ▽身体的虐待=殴る、蹴る、投げ落とす、激しく揺さぶる、やけどを負わせる、おぼれさせるなど
 ▽性的虐待=性的行為の強要、性器や性交を見せる、ポルノの被写体とするなど
 ▽ネグレクト=家に閉じ込める、食事を与えない、ひどく不潔にする、置き去りにするなど
 ▽心理的虐待=言葉による脅し、無視、兄弟間差別、子の目の前で行う家庭内暴力など

◇未然に防ぎましょう!!

 虐待を防ぐためには、周囲の方の力が必要です。子育ては不安ばかりです。悩んでいる方の相談相手になる、声をかけるなど、支援の手を差し伸べてください。
 また、虐待を受けたと思われる子どもを見かけた時は、迷わず、児童家庭課や県南児童相談所に連絡(通告)してください。連絡(通告)した人の秘密は守られます。
 なお、子育てや出産について悩んでいる方も、ひとりで抱え込まずに、児童家庭課や県南児童相談所にご相談ください。 

相談窓口と連絡先
相談窓口連絡先
児童家庭課(家庭児童相談室)0284-20-2137
県南児童相談所0282-24-6121
児童虐待緊急ダイヤル(夜間・休日専用)028-665-3677
児童相談所全国共通ダイヤル189

オレンジリボン
オレンジリボンの画像
オレンジリボンには子ども虐待を防止するというメッセージがこめられています。