ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 商工振興課 > 昭栄家具センターが市長を表敬訪問しました

昭栄家具センターが市長を表敬訪問しました

印刷用ページを表示する掲載日:2015年1月21日更新

とちぎデザイン大賞最優秀賞を受賞した(株)昭栄家具センターが市長を表敬訪問しました

市長を囲んでの記念写真 下段右端が清水敏夫代表取締役製品説明を行う清水良彦さん

栃木県が実施している平成26年とちぎデザイン大賞で最優秀賞を受賞した、株式会社昭栄家具センターの清水敏夫代表取締役ほか7名の社員の方々が、市長を訪問し受賞報告を行いました。

この度受賞となった商品は『建彦木工』という木製の生活用品です。明治25年創業の同社が脈々と受け継いできた「組む・彫る・削る・接ぐ」の木工技術をモチーフに開発したもので、4種類のアイテムは27年3月に発売を予定しています。また、ブランド名は創業時の屋号である「建彦」に由来しています。

市長も製品を手にしながら説明を受け、木の温もりや職人の加工技術を直接感じとっていました。