ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 道路河川保全課 > 渡良瀬川流域の「洪水浸水想定区域」が公表されました

渡良瀬川流域の「洪水浸水想定区域」が公表されました

印刷用ページを表示する掲載日:2017年9月8日更新

 国土交通省 関東地方整備局 渡良瀬川河川事務所では、渡良瀬川流域の「浸水想定区域」の見直しを行い、「洪水浸水想定区域」として平成29年7月20日に公表しました。

 「洪水浸水想定区域」は、河川が氾濫した場合に浸水が想定される区域や予想される水深及び浸水継続時間を地図上に示したもので、減災の取り組みの一環として避難勧告等の適切な発令や住民等の主体的な避難に役立つよう、公表することとされています。

 足利市では、平成25年に市内全戸に配布した「足利市 洪水・土砂災害ハザードマップ」において、「土砂災害等警戒区域」とともに、「浸水想定区域」についても掲載をしてあります。
現在、栃木県においても「浸水想定区域」及び「土砂災害等警戒区域」の見直しを行っているところであり、これらの作業完了年度に本市のハザードマップの見直しについて検討を行います。

 新たに公表した渡良瀬川流域の「洪水浸水想定区域」をご覧になりたい方は、下記URLよりアクセスしてください。

国土交通省 関東地方整備局 渡良瀬川河川事務所 「洪水浸水想定区域」(外部リンク)
http://www.ktr.mlit.go.jp/watarase/watarase_index015.html