ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 商工振興課 > 生産性向上特別措置法(先端設備等導入計画)に関するページ

生産性向上特別措置法(先端設備等導入計画)に関するページ

印刷用ページを表示する掲載日:2018年8月1日更新

生産性向上特別措置法や先端設備等導入計画に関するページをまとめたものです。
「先端設備等導入計画」の申請を検討されている中小事業者等におかれましては、こちらのページを参考にしてください。

※ページの内容につきましては、予告なく変更することがございます。

<ページ内リンク>
生産性向上特別措置法について
足利市の導入促進基本計画について
先端設備等導入計画の申請について
先端設備等導入計画の変更について

生産性向上特別措置法について

近年、IoTやビッグデータ、人工知能など、ICT分野における急速な技術革新の進展により、産業構造や国際的な競争条件が著しく変化しています。こうした変化に対応し、世界に先駆けて「生産性革命」を実現させるべく、政府は、昨年12月に「新しい経済政策パッケージ」を取りまとめました。
この中で、2020年までを「生産性革命・集中投資期間」として、あらゆる政策を総動員することとしていることを受け、生産性向上特別措置法により、我が国産業の生産性を短期間に向上させるために必要な支援措置を講じます。

<関係ページ等URL>
「生産性向上特別措置法」が施行されました(2018年6月6日 経済産業省ホームページ)
【生産性向上特別措置法】6月6日に生産性向上特別措置法が施行されました(2018年6月7日 足利市ホームページ)

ページ先頭に戻る

導入促進基本計画について

「生産性向上特別措置法」(平成30年6月6日施行)に基づき、足利市では導入促進基本計画(略称:基本計画)を策定し、平成30年6月21日に国からの同意を受けました。民間事業者等の皆さまは、この基本計画に沿った先端設備等導入計画(略称:導入計画)を作成し、市長の認定を受けることで、各種支援メニューの活用が可能となります。

<関係ページ等URL>
【生産性向上特別措置法】導入促進基本計画について(国からの同意を受けました)(2018年6月21日 足利市ホームページ)
導入促進基本計画(足利市) [PDFファイル/188KB]

ページ先頭に戻る

先端設備等導入計画の申請について

2018年7月2日から先端設備等導入計画の申請受付を開始しました。
詳細につきましては、下記URLよりご確認ください。

<関係ページ等URL>
【生産性向上特別措置法】先端設備等導入計画の申請受付について(2018年7月2日 足利市ホームページ)
経営サポート「生産性向上特別措置法による支援」(中小企業庁ホームページ)
 

なお、足利市では、申請書の提出前に、作成いただいた申請書類の内容の事前確認を行います。
これは、申請書の提出があった際に、円滑に認定手続きを進めるためです。
事前確認につきましては、書類の持参若しくはメールにて受付させていただきます。

事前確認メールアドレス:shoukou@city.ashikaga.lg.jp

ページ先頭に戻る

経営革新等支援機関について

足利市へ先端設備等導入計画の申請をする前に、経営革新等支援機関の事前確認が必要となります。
経営革新等支援機関のリスト等につきましては、下記URLよりご確認ください。

認定経営革新等支援機関(中小企業庁ホームページ)
 

工業会の証明書について

生産性向上特別措置法の支援メニューの中に、税制支援があります。
中小企業者等が適用期間内に、足利市から認定を受けた「先端設備等導入計画」に基づき、一定の設備を新規取得した場合、新規取得設備に係る固定資産税の課税標準が3年間ゼロに軽減されます。

この適用を受けるためには、先端設備等導入計画の申請時に、導入する設備の「工業会証明書」の提出が必要となります。工業会の証明書につきましては、下記URLよりご確認ください。

工業会等による証明書について(中小企業等経営強化法の経営力向上設備等及び生産性向上特別措置法の先端設備等に係る生産性向上要件証明書)(中小企業庁ホームページ)

 

先端設備等導入計画の変更について

【注意】この手続きは、提出した先端設備等導入計画が認定を受けた後の手続きです。

認定を受けた中小企業者等は、導入する設備を変更する場合や設備を追加で取得する場合は、認定を受けた「先端設備等導入計画」を変更する必要があります。

変更申請につきましては、下記よりご確認ください。
【生産性向上特別措置法】先端設備等導入計画の変更について ※別ページへ

ページ先頭に戻る

 

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)