ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 市民課 > 成年年齢の引下げに伴う戸籍届出の変更点

成年年齢の引下げに伴う戸籍届出の変更点

印刷用ページを表示する掲載日:2022年3月7日更新

令和4年4月1日から、民法改正により成年年齢は18歳になります。それに伴い、戸籍届出の主な変更点についてお知らせします。

 

成年年齢引下げに伴う戸籍届出の変更点

 

変更内容

変更前

変更後

婚姻届

結婚できる年齢

男性18歳以上

女性16歳以上

男女とも18歳以上(※1)

離婚届

親権に服する子の年齢

20歳未満

18歳未満

分籍届

届出できる年齢

20歳以上

18歳以上

国籍選択届

届出期限

・二重国籍となったのが20歳以前であれば22歳までに選択

・二重国籍となったのが20歳以降であればその時から2年以内

 

・二重国籍となったのが18歳以前であれば20歳までに選択

・二重国籍となったのが18歳以降であればその時から2年以内        

                    (※2)

養子縁組届

養親になれる年齢

成年

20歳以上

戸籍届出の証人

証人になれる年齢

20歳以上

18歳以上

 

(※1)令和4年4月1日の時点で既に16歳以上の女性(誕生日が平成18年4月1日までの女性)は、18歳未満でも婚姻可能(未成年であるため親の同意が必要)

(※2)令和4年4月1日の時点で20歳以上の二重国籍者は22歳までに(20歳に達した後に二重国籍になった場合その時から2年以内に)、18歳以上20歳未満の二重国籍者は同日から2年以内に選択すればよい。

 

 

成年年齢の引下げについて詳しくは法務省のホームページをご確認ください。