ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 総合政策課 > 考えてみよう!SDGs

考えてみよう!SDGs

印刷用ページを表示する掲載日:2022年3月1日更新

 SDGsとは

SDGsアイコン

 SDGs(エスディージーズ)とは、「Sustainable Development Goals(持続可能な開発目標)」の略称で、2015年9月に国連で採択された国際的な目標です。貧困や紛争、気候変動など、さまざまな国際課題に対して、世界が一つになって取り組むべき目標として、17のゴールが設定されています。

 地球上の「誰一人取り残さない (leave no one behind)」ことを基本理念に、国連加盟国193カ国が、2016年から2030年までの15年間で、目標達成を目指して取り組んでいます。

 

足利市の取り組み

 足利市SDGs推進本部の設置

 令和4(2022)年3月1日に、市長を本部長とする庁内組織、「足利市SDGs推進本部」を設置しました。

 ゴール達成に向けた取り組みや、市民の皆さんへの啓発、連携など、組織横断的に、総合的かつ効果的にSDGsの推進に取り組んでいきます。

 

第8次足利市総合計画における一体的な推進

 令和4(2022)年度から令和11(2029)年度までの8年間の本市のまちづくりの指針となる第8次足利市総合計画において、SDGsの視点を取り入れ、本市の施策と17のゴールとの関係を整理しました。

 本市のまちづくりとSDGsの関わりをアイコンで分かりやすく表記し、市民の皆さんをはじめ、企業や団体などの多様な主体の皆さんと理念・目標を共有し、相互に連携しながら、まちづくりとSDGsの一体的な推進を図っていきます。

 

地方創生SDGs官民連携プラットフォームへの参加

 内閣府では、SDGsの国内実施を促進し、より一層の地方創生につなげることを目的に、多様な主体との連携を深める官民連携の場として、地方創生SDGs官民連携プラットフォームを設置しています。本市は2020年9月に入会しています。

 

 

身近なところから取り組もう

 SDGsは世界を変えるための壮大な目標で、国や大企業が取り組むもので、とても自分が関わることができる話ではないような気がするかもしれません。

 でも、SDGsの達成には、市民の皆さんの一人ひとりの行動が大きな鍵を握っています。

 「1人の100歩よりも、100人の1歩」、一つ一つは小さな取り組みでも、みんなで協力することで、大きな取り組みになっていきます。

 例えば…

ゴール2 飢餓をゼロに

ゴール2 飢餓をゼロに

 世界では9人に1人の割合の人が飢餓に苦しんでいます。食糧は世界の人口に必要な量が生産されていますが、そのほとんどが先進国に集中し、約3分の1が廃棄されています。

 日本では、人口1人あたり毎日ご飯茶碗1杯分の食糧が捨てられています。

 ○世界を変えるための身近な1歩

  • 買い物に行く前に、冷蔵庫などの在庫を確認しましょう。
     
  • 必要な分だけ買い、食べきりれる分だけ料理しましょう。
     
  • すぐ食べる商品を買うときは、賞味期限が長いものを奥からとるのではなく、手前から取りましょう。

 

ゴール6 安全な水とトイレを世界中に

ゴール6 安全な水とトイレを世界中に

 世界では約3割の人が安全な水を確保できていないといわれ、約6割の人が安全に管理されたトイレを使うことができていないといわれています。

 不衛生な水と環境により、多くの子どもが命を落とし、多くの女性や子どもが水汲みに膨大な時間を奪われています。

 ○世界を変えるための身近な1歩

  • 改めて水の大切さを考え、水道の蛇口はこまめに閉めましょう。
     
  • 食器やフライパンは、油などをふき取ってから洗いましょう。
     
  • お風呂の残り湯は、洗濯や植物の水やりなどに活用しましょう。

 

ゴール12 つくる責任 つかう責任

ゴール12 つくる責任 つかう責任

 日本の年間のごみの排出量は東京ドーム約115杯分にものぼります。ごみの運搬、焼却により温室効果ガスを排出し、不燃ごみや焼却灰の埋め立て地の余裕もなくなってきています。

  ○世界を変えるための身近な1歩

  • ごみになるものを減らすため、マイバックやマイボトルを持ち歩きましょう。
     
  • まだ使えるものは、リサイクルショップやフリーマーケットアプリなどに出し、有効活用しましょう。
     
  • ごみの分別を徹底し、近所の資源回収やスーパーのリサイクルボックスなどを利用しましょう。

 

 上記はほんの一例です。

――― 世界を変える1歩は、あなたの1歩から ―――

 まずは自分に何ができるか、考えてみましょう。

 

企業の皆さまへ とちぎSDGs推進企業登録制度

 栃木県では、とちぎSDGs推進企業登録制度を創設し、登録企業を募集しています。

 企業におけるSDGsの推進は、次のような様々な可能性が広がっていくと考えられています。

 【企業イメージの向上】

  → 取引先・消費者からの信頼の獲得、多様性に富んだ人材確保へ

 【社会課題への対応】

  → 経営リスクの回避(リスクマネジメント)、社会貢献、地域での信頼獲得

 【生存戦略】

  → SDGsへの対応が取引条件になる可能性、持続可能な経営を行う戦略

 【新たな事業機会の創出】

  → 社会課題解決のための新サービスや新商品の開発、販路拡大、パートナーシップ創出

 とちぎSDGs推進企業登録制度は、SDGsについて理解を深め、企業活動とSDGsのつながりを理解するためのツール、意識的な取り組みを推進し、取り組みを対外に発信しPRするためのツールとして活用できます。

 ぜひ登録をご検討ください。