ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 健康増進課 > 産後ママ安心サポート事業(産婦健診・産後ケア事業)がスタートします

産後ママ安心サポート事業(産婦健診・産後ケア事業)がスタートします

印刷用ページを表示する掲載日:2018年4月1日更新

産婦健康診査

 産後ママの心と体の健康を守るため、産婦健康診査費用の一部を助成します。

1.対象者

  足利市に住民登録されている産婦の方で、平成30年4月1日以降に出産し、産婦健康診査

 受診日において出産後60日を超えていない方

2.対象となる健康診査

  産後2週間、産後1ヵ月の産婦健康診査(医療保険適用外)において、(1)問診

 (2)診察(3)体重・血圧測定(4)尿検査(5)エジンバラ産後うつ病質問票の全項目を実施した場合が対象です。

  ※赤ちゃんの健診は助成の対象とはなりません。

3.助成額

  産後2週間、産後1ヵ月健診とも、5,000円を上限に助成します。

  ※5,000円を超えた額は自己負担となります。

4.助成方法

  受診票は、妊娠届出時に母子健康手帳と併せて発行します。すでに妊娠届出が済んでいて、

 出産予定日が平成30年4月1日以降の方には健康増進課から産婦健康診査受診票をお送りいたします。

 医療機関で産後2週間、産後1ヵ月の産婦健康診査の際、ご自身で「エジンバラ産後うつ病質問票」をご記入の上受診票を医療機関(※下記注1参照)へ提出することで助成を受けられます。

 

 ◇転入された方など受診票がお手元にない方は健康増進課へお問い合わせください。

 

 注1・・・足利市の受診票が使用できない医療機関で、対象となる(1)~(5)の全項目を行う産婦健康診査を受けた場合、償還払い(払い戻し)での助成となります。申請方法等詳しくは健康増進課へお問い合わせください。

ご注意ください!

 ▼平成30年3月末日までに出産の場合は・・・

 ▼医療機関で対象となる健康診査(1)~(5)全項目を実施しなかった場合は・・・

  申訳ありませんが産婦健康診査の助成の対象になりませんのでご了承ください。 

  妊婦健康診査についてはこちらから

産後ケア事業

  産後に家族などからの育児等の援助が受けられず、育児への不安をもつママと赤ちゃんを

 サポートするために、産後ケア事業の費用助成を実施します。

1.利用できる方

  足利市に住所登録がある方で、産後4カ月未満のママ(産婦)とその赤ちゃん(乳児)で、

 次の要件にどちらも該当する方

(1)産後に家族などから育児等の援助が受けられない

(2)産後に心身の不調等により不安を感じている、または、育児に関する不安等を感じている

 

(注) ・ママ、赤ちゃんともに入院や通院による治療が必要な状態、または、感染症状の疑いがある場合は利用できません。

    ・ママと赤ちゃんが一緒にご利用してください。

2.内容

(1)受けられるケア

   ・ママの産後の休養等の体調管理とケア

   ・授乳(乳房ケアを含む)や沐浴、お世話の仕方の相談・指導

   ・赤ちゃんのケア

(2)上限日数

   産後4カ月未満の期間に原則7日間以内

(3)利用時間の目安

 ○宿泊型・・・おおむね24時間程度(昼食・夕食・朝食の3食付き)

 ○通所(1日型)・・・日中おおむね5~8時間程度(昼食付き)

 ○通所(半日型)・・・日中おおむね3~4時間程度(昼食なし)

(4)利用自己負担額(消費税込) *産婦と乳児1人当たり

 ○宿泊型    

 ・一般(市民税課税世帯)  6,000円/泊(食費込み)

 ・市民税非課税世帯・生活保護世帯 0円/泊(食費込み)

  ○通所(1日型) 

 ・一般(市民税課税世帯)   3,000円/泊(食費込み)

 ・市民税非課税世帯・生活保護世帯 0円/泊(食費込み)

 ○通所(半日型)

  ・一般(市民税非課税世帯) 1,500円/日

  ・市民税非課税世帯・生活保護世帯 0円/日

(5)多胎児(2名以上)の場合は追加料金が必要です *乳児1人当たり

 ○宿泊型     

 ・一般(市民税課税世帯)  3,000円/泊(食費込み)

 ・市民税非課税世帯・生活保護世帯  0円/泊(食費込み)

 ○通所(1日型) 

 ・一般(市民税課税世帯)  1,500円/泊(食費込み)

 ・市民税非課税世帯・生活保護世帯  0円/日(食費込み)

 ○通所(半日型) 

  ・一般(市民税課税世帯)  750円/日

  ・市民税非課税世帯・生活保護世帯  0円/日

*送迎はありません。

*医療機関の利用可能な部屋が有料個室のみの場合には別途料金がかかる場合があります。

*実際の利用時間は目安です。利用される方と利用施設との調整により決定いたします。

*利用日数は、宿泊型は1泊2日で2日間、通所は1日型・半日型のいずれの場合も1回につき1日間と算定します。

3.産後ケア事業(宿泊・日帰り)利用について

・産後ケア事業の利用希望がある場合は、まずは子育て世代包括支援センター(健康増進課内)へご相談ください。

*担当保健師が産後のママやご家族にお会いして状況をお聞きします。

☎子育て世代包括支援センター(健康増進課内) 電話 0284-40-3115

[受付時間:月~金(祝日、年末年始を除く)午前8時30分~午後5時]

※申請対象とならない方には、市の母子保健事業等のご案内をいたします。

※その他、退院後の生活にご心配がある場合は、家庭訪問や電話相談等もできますので、お気軽にお問い合わせください。