ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 農業委員会事務局 > 農地法の運用基準の変更について

農地法の運用基準の変更について

印刷用ページを表示する掲載日:2013年10月1日更新

  平成26年4月1日より、農地法施行規則(昭和27年農林省令第79号)第33条第4号「住宅その他申請に係る土地の周辺の地域において居住する者の日常生活上又は業務上必要な施設で集落に接続して設置されるもの」における「集落に接続して」の判断は、申請地と既存の集落とが間隔を置かないで接する状態にあるか否かにより判断することとします。(参考図面は別紙のとおり)

※特に農地区分が第1種農地(おおむね10ha以上の規模の一団の農地)に該当する場合には注意してください。

農地法の運用基準の変更について [PDFファイル/87KB]

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)