ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 観光振興課 > 織姫公園・足利織姫神社が「日本夜景遺産」に認定されました!

織姫公園・足利織姫神社が「日本夜景遺産」に認定されました!

印刷用ページを表示する掲載日:2014年7月25日更新

織姫公園・足利織姫神社が「日本夜景遺産」に認定されました!

織姫公園・足利織姫神社が第10回「日本夜景遺産」に「自然夜景遺産」としてダブル認定!

足利織姫神社ライトアップの写真 織姫公園から見た足利市の夜景の写真

認定箇所

 織姫公園・足利織姫神社

認定区分

 自然夜景遺産

認定理由

  織姫公園内は夜間照明環境が十分に整備され、ハイキングコース上に複数の鑑賞ポイントがあること、
 またコース発着地点の神社境内も荘厳な神殿ライトアップと同時に夜景を楽しめる良き視点場であるということ、
 これら二点を観光的視点から捉え、一度で異なる環境から夜景鑑賞を楽しめる場所であるとの評価を受け、
 認定に至りました。

  なお、ひとつの認定において二つの名称が登録されたのは初めてです。

認定日

 平成26年7月18日

今後の展開

  織姫公園・足利織姫神社を核に、足利市における夜景観光を創出し、滞留型観光の推進を図ってまいります。
 また、同じく日本夜景遺産に認定登録されているあしかがフラワーパークや、足利織姫神社の「恋人の聖地」と連携しながら、
 「出逢いのあるまち あしかが」として効果的なPRを行います。

「日本夜景遺産」プロジェクトについて

【活動主体】一般社団法人 夜景観光コンベンション・ビューロー 
夜景評論家・丸々もとお氏率いる「夜景探偵団」の会員有志によって創設。
日本夜景遺産の選定については、夜景観光コンベンション・ビューロー内の日本夜景遺産事務局員のほか、
夜景検定1級認定者(夜景マイスター)27名(2014年6月現在)により客観的かつ公平に行われています。

【企画意図】 
日本各地における後世に残すべき「夜景」の再発見&発掘、及び一定の基準で認定することで“観光資源としての
夜景”の価値の確立を目指すことを企画意図としています。

【活動目的】・日本人オリジナルの鑑賞文化として、国内外への夜景の魅力の訴求
・「人と人」「家族」「日本人と外国人」を結ぶきずなへの一助
・地元の魅力の再発見など、地元回帰の促進
・滞在型観光に結び付く「観光資源」として訴求し、地域活性化を目指す

 詳しくは、日本夜景遺産ホームページ(別ウィンドウで開きます。)をご覧ください。