ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 消費生活センター > マイナンバー制度に便乗した詐欺にご注意ください!

マイナンバー制度に便乗した詐欺にご注意ください!

印刷用ページを表示する掲載日:2015年12月1日更新

内容 

 マイナンバー制度に便乗して、マイナンバー通知カードを詐取される事件や電子マネーを詐取される事件が発生しています。

また、マイナンバー制度を悪用したお知らせメール(「マイナンバーに関する大切なお知らせ」として、「民事訴訟に関する最終手続きが完了した」、「あなたのマイナンバーが漏えいしている」などという内容のメールが送られてきたとの情報が各地の消費生活センターに寄せられています。

 これら以外にも、預金等の財産に関することや家族構成などの個人情報を聞き出そうとする電話がかかってくる恐れがあります。

ご注意ください

●マイナンバーの通知や利用手続き等で、国や自治体の職員が家族構成、資産や年金・保険の状況等を聞くことはありません。

●マイナンバーの利用目的は法律で決められており、マイナンバーから訴訟履歴が明らかになるようなことはありません。

●不審な電話はすぐに切り、来訪の申し出があっても断ってください。不審なメールは相手にせず、無視しましょう。

●万が一金銭を要求されても決して支払わないようにしましょう。

●少しでも不安を感じたら、消費生活センター等にご相談ください(0284-73-1211または消費者ホットライン188 番(3桁の全国共通の電話番号)、警察(警察相談専用電話#9110)、足利市経営管理課)。

*なお、「通知カード」「個人番号カード」に関することや、その他マイナンバー制度の問い合わせは、マイナンバー総合フリーダイヤル 0120-95-0178(無料)で受け付けています。