ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > こども課 > 未婚のひとり親の寡婦(夫)控除のみなし適用について

未婚のひとり親の寡婦(夫)控除のみなし適用について

印刷用ページを表示する掲載日:2018年9月1日更新

平成30年9月分保育料から、みなし適用の実施が予定されています。

 現在、婚姻歴のないひとり親家庭は、税法上の寡婦(夫)控除が適用されないため、婚姻歴のあるひとり親家庭と比べて保育料の額に差が生じることがあります。平成30年9月より「未婚のひとり親を寡婦等とみなす特例」について、政令が施行されますと寡婦(夫)控除が適用されるものとみなして保育料を算定することとなります。
 対象となる施設は、子ども子育て支援制度の特定教育・保育施設等の給付対象となる幼稚園・保育所(園)・認定こども園・小規模保育施設等です。

詳細については、政令の施行後に各教育・保育施設を通して案内をさせていただきます。

みなし適用の注意事項

・ みなし適用を利用される方は、申請が必要となりますので、市役所こども課までご連絡ください。
・ みなし適用を受けても、実際の住民税や所得税に影響するものではありません。
・ みなし適用を受けても、保育料が変わらない場合もありますのでご了承ください。