ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 文化課 > 丸山瓦全ーその生涯と業績ー展を延長します。

丸山瓦全ーその生涯と業績ー展を延長します。

印刷用ページを表示する掲載日:2017年11月24日更新

『丸山瓦全ーその生涯と業績-展』を延長します。

 栃木県をはじめ全国的な史跡・名勝・天然記念物の調査、保護に献身した丸山瓦全(まるやま・がぜん1874~1951)は明治7年に足利市に生まれました。

 丸山瓦全の主な業績は、オランダ船から日本に漂着したエラスムス立像の発見保護、県内の遺跡遺物の調査保護、戦時中の金属回収令から県内の梵鐘等の保存等に尽くしました。本展では、ご遺族からお預かりしている瓦全ゆかりの写真、書簡、日記等の資料約70点余にて、文化財調査・保護に生涯を捧げた瓦全の軌跡についてご紹介いたします。

がぜんしゃしん 丸山瓦全  こうこがくかいき 足利考古会旗

企画展の開催案内

(1)丸山瓦全-その生涯と業績-展の開催

  開催期間   平成29年11月25日(土曜日)~平成30年3月4日(日曜日)

  会    場   足利市ふるさと学習・資料館(足利市小俣町3306)

  時    間   午前10時~午後3時(入館は午後2時30分まで)

      

  料    金      無 料