ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 助戸公民館 > ママのライフデザインcafe受講者限定おはなし会 開催レポート

ママのライフデザインcafe受講者限定おはなし会 開催レポート

印刷用ページを表示する掲載日:2018年12月28日更新

9~11月に開催したママのライフデザインcafeのフォローアップ講座として
身近にキャリアについて語り合えたり、応援し合えたりする仲間がいる場を作りたいと思い
受講者限定のおはなし会を企画しました。

11月27日、12月28日の2日にわたって開催し、計12名にご参加いただきました。

当日の流れに沿って、レポート致します。

おはなし会風景

 

1.おはなし会

●自己紹介
講座以来、久々に会ったこともあり、改めて自己紹介と
「2018年どんな年だったか」「2019年どんな年にしたいか。」を
それぞれお話していただきました。

おはなし会風景

「やりたいことをたくさんして、忙しすぎる1年。」
「良い意味でも悪い意味でも、子どもにべったりの年。」
など思い思いの1年を振り返っていました。

 

●講座後、やってみたことや感じていること
講座後のそれぞれの近況、変化についてそれぞれ報告しあいました。
「4月から働こうと思い、履歴書を送ってみました!」
「来年の目標が見えてきました。夫と相談して断捨離をしてスッキリした生活を目指そうと思う。」
と講義で学んだことの実践による効果をそれぞれ実感できているようでした。

一方で、
「ずっとやりたかった手芸の材料を買い揃えた!でもなかなかやる時間が取れない」
「自分自身のモヤモヤは、講座で教わったように
物事を分解してみることで解決できるようになってきたけど、
夫や子どもは変わらないまま。どうしたら…?」
実践してきたからこその新たな悩みに直面している方も。


おはなし会の良いところは、このように安心して本音を話せる場であること。
そして、何気なく家事や子育てに追われていると、見過ごしてしまう
大切な「私」の気持ちを救い上げることができる場でもあります。

おはなし会風景

思い切って言葉にして伝えてみると、一人きりでは気づけない、
思いがけない答えがみつかることがあります。
和気あいあい、子供を見ながらでも、
語られる生の声に耳を傾けてそれぞれが有意義な時間を過ごせたようです。

 


2.企画運営委員会って、何ですか?
ママのライフデザインcafeは、
子育て中のママが企画したママのためのワークショップで、
「足利市助戸公民館ライフデザインcafe企画運営委員会」が
公民館職員と一緒に企画・運営をしています。

来年度の企画・運営に携わりたい方を募集するため、
「どんなふうに講座を企画したのか?」を企画運営委員からご説明しました。

おはなし会風景
また、私たちの体験談として、
「おはなし会は企画運営の原点。
今回のようにみんなで悩みを共有したり、楽しい時間(打合せ)を共に過ごしていたら、
いつの間にか素晴らしい、ママを笑顔にハッピーにする講座ができていました。」
「回を重ねるごとに、自然に心がほぐれて、やってみようが実現していた。」
というように、難しく考えず、やってみたいという気持ちがあれば、
気軽に挑戦してほしいという想いをお伝えしました。

新たに2名の方が企画運営委員に立候補してくださいました。
現メンバーと新メンバー合同で、「何かやってみよう!」と盛り上がり、
また一つ、新たな企画がうまれそうです。
(決定しましたらこちらでお知らせしますので、ぜひ楽しみにしていてくださいね。)


(文:企画運営委員 長谷川綾子)

 

※「ママのライフデザインcafe」の概要はこちらからご覧ください。 (本講座は終了しました。)

ママのライフデザインcafe~なりたい”わたし”と”かぞく”が描く~ホームページ

ママのライフデザインcafe~なりたい”わたし”と”かぞく”が描く~ リーフレット [PDFファイル/783KB]

ライフデザインcafeリーフレット

 

ライフデザインcafeリーフレット裏面

家族のライフデザインcafe~夫婦ゆる会議のススメ~ホームページ

家族のライフデザインcafe~夫婦ゆる会議のススメ~ [PDFファイル/661KB]

家族のライフデザインcafeリーフレット表

※この講座は、「母になって考える、私のキャリア~毎日が楽しくなるMYコンパスの見つけ方~」
(平成29年度助戸公民館各種講座)卒業生の有志で組織した企画運営委員会と助戸公民館が
協働で企画・運営しています。

 

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)