ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 助戸公民館 > 家族のライフデザインcafe~夫婦ゆる会議のススメ~開催レポート

家族のライフデザインcafe~夫婦ゆる会議のススメ~開催レポート

印刷用ページを表示する掲載日:2018年12月21日更新

家族のライフデザインcafeは、9月~11月に開催したママのライフデザインcafeの続編講座として、
夫婦で家族を考えるための講座です。
12月9日に開催し、6組のご夫婦にご参加いただきました。

当日の流れに沿って、レポート致します。

 

●自己紹介

夫婦2組になり、自己紹介と今日持ち帰りたいことについて自己紹介を行いました。
「忙しく普段聞けない妻の話を受け止めようと思って参加しました。」など
奥様想いの男性が多い印象です。

講座風景

「夫婦の会話って大事だね。家でも夫婦ゆる会議、やってみようか。
と思っていただくことが今日のゴールです」という講師の言葉で本編がスタートしました。

 

ゴールに向けて、下記の3ステップで講座が進行されていきます。
●STEP1 現状を理解する
●STEP2 本音を伝えあい、「対話」のある家族へ変化する
●STEP3 家族のライフデザインを考える

 

●STEP1 現状を理解する

『パートナー理解度チェック』
アイスブレイクを兼ね、どのぐらいお互いのことを分かっているのかについてゲームを行いしました。
「夫のいいところ・妻のいいところ」「我慢していること、思っているけど言えないこと」について
相手がどんなことを書くかを予想する、つまりどれぐらい相手の考えを理解しているかチェックするゲームです。

お互いに発表し合うと、「相手がどう考えているのか、初めて分かった。」「ほぼ当たっていた」など
ご夫婦それぞれの意見がでて、会場全体が和やかな雰囲気に。

講座風景

 

●STEP2 本音を伝え合い、『対話』のある家族へ変化する

続いて「なぜコミュニケーション不和が起きるのか?」について皆で考えます。
「時間がないからでは?」「相手への理解不足では?」などの考えが出ます。

講師の解説は、「お互いに対する期待のずれ」が、不和の原因というもの。
夫は「言いたいことがあったら言ってほしい」と思っている、妻は「察してほしい」と思っている、
確かにお互いへの期待に食い違いがありそうです。


講座スライド

 

相手へ思っていること、感じていること、期待していること、などの
本音を伝えるのが「対話」だということ。日常会話とは少し違うようです。

講座スライド

 

「対話」の大切さについて、2人の体験談が紹介されました。

〈パートナーシップが良好な男性からの映像メッセージ〉
・奥さんを尊敬している。
・やりたいことを受け入れてくれている。
・日常的に「将来こうなっていたい。」と会話をしている。
・「ありがとう」「助かっている」という言葉を意識して伝えている。
・勇気を出して、心で思っていることを口に出してみよう!

映像を見て、「壁を作らないで、話をすることが大切なんだと思いました。」
という感想がありました。

 

〈講師が利用するベビーシッターさんからのメッセージ〉
・さまざまな夫婦を見ているからこそ、夫婦の時間を大切にしてほしいと思っている。
・気持ちを冷静に伝え合うことは本当に大切。
2人の時間は限られるかもしれないが、そのなかでできることを。
・両親の笑顔が家庭には必要。
色々な人を巻き込み、抱え込まずに子育てをしてほしい。

「家事、仕事で疲れて、会話が少なくなっていた。」という感想が出ました。
相手に率直に伝えることが大事なことが分かりました。

 

ワークタイム

ワークシートに自分の気持ちを記載し、相手に伝えるワークを行いました。
『私の一日は・・・・・』『夫・妻には・・・に感謝しています』
『本当はもっと・・・したい』『欲を言えばもっと、・・・嬉しい』
について自分の気持ちを書いていきます。

講座風景

お互いに伝えあうと、
「夫が仕事に追われていることを知らなかった。」
「単身赴任をしていて、平日は一人なので、週末家族のもとに帰るのが楽しみ。」
「意外な点はあまりなかった。」
などの感想で盛り上がりました。

 

☆対話のできる極意☆

1.軽く伝える
2.Youメッセージではなく、Iメッセージ(私を主語にする)
3.Welcomeの気持ちが大事、相手の意見に耳を傾ける
4.沈黙は破壊的コミュニケーション

「あきらめたら、そこで試合終了だよ。」ということを覚えておきましょう☆

 

気持ちを言葉にして伝える、ゆる会議っていいなと思いました。

 

●STEP3 家族のライフデザインを考える

1年というのはなんとなく過ごしてしまうとあっという間。
どんな1年にしたいかを決めることで、充実した1年が過ごせます。
この時間を使って、2019年をどんな1年にしたいかを考えてみよう!というワークを行いました。

講座風景

 

ワークタイム

2019年をどんなふうに家族で過ごしたいかについて、9つのテーマについて考えていきました。
具体的には、『仕事・キャリア』『家族』『人間性・人間関係』『お金』『遊び・趣味・余暇』
『大切にしたい価値観』『健康』『物理的環境』そして、それらを1言で表す『2019年のテーマ』を考えます。
「こんな風になったらいいな~と、ワクワクした気持ちで書くのがポイントです!」と講師からの声。

15分の制限時間でも議論はとまらず、ここでは白熱の『対話』が行われていました。

講座風景

記入後の感想として、
「一人でやるより目標を見つけやすい。」
「お互いが思っていることを確認できた。」
「自分の考えを自覚することが出来、来年nextステージへ進めそう!」
という意見が出ました。

 

●「○○家のモットー」宣言!

それぞれのご夫婦で「○○家のモットー」を宣言し、記念撮影を行いました。
どのご夫婦の笑顔も輝いていて、今まで参加した他の講座にはない、とても暖かい場ができていました。

講座風景

わが家でもゆる会議を続けていきたいと思います!

(文:企画運営委員 大屋 絢子)

 

 

※こちらの講座の番外編「家族のライフデザインcafe~夫婦ゆる会議のススメ~」が
申込受付中です!詳しい内容は、こちらからご覧ください。(本講座は終了しました。)

家族のライフデザインcafe~夫婦ゆる会議のススメ~ホームページ

家族のライフデザインcafe~夫婦ゆる会議のススメ~ [PDFファイル/661KB]

家族のライフデザインcafeリーフレット表

 

※「ママのライフデザインcafe」の概要はこちらからご覧ください。 (本講座は終了しました。)

ママのライフデザインcafe~なりたい”わたし”と”かぞく”が描く~ホームページ

ママのライフデザインcafe~なりたい”わたし”と”かぞく”が描く~ リーフレット [PDFファイル/783KB]

ライフデザインcafeリーフレット

ライフデザインcafeリーフレット裏面

※この講座は、「母になって考える、私のキャリア~毎日が楽しくなるMYコンパスの見つけ方~」
(平成29年度助戸公民館各種講座)卒業生の有志で組織した企画運営委員会と助戸公民館が
協働で企画・運営しています。

 

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)