ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 助戸公民館 > ママのライフデザインcafe~なりたい”わたし”と”かぞく”を描く~DAY3開催レポート

ママのライフデザインcafe~なりたい”わたし”と”かぞく”を描く~DAY3開催レポート

印刷用ページを表示する掲載日:2018年11月15日更新

DAY3「不満?あきらめ?パートナーとの関係は?」

 

3回講座の最終回を11月5日に開催しました。
天候がイマイチな中、13人の方にご参加いただきました。


当日の流れに沿ってレポート致します。

 

●自己紹介

冒頭は3人一組になっての振り返りと近況報告を1分間スピーチにして行いました。
お互いのスピーチに花が咲いて講座の始まりです。

講座風景

 

●はじめに

講師より「今日のテーマは相手のことを考え、自分の気持ちを伝えるです」
という言葉から講座がスタートしました。

講座風景

これまで自分の気持ちを中心に考えてきましたが、
パートナーの気持ちを考えるということでいつもとは違う気持ちで講座が始まりました。

 

<理想のライフスタイルを叶えるPoint★>

自分の気持ちを大切に、不満や我慢を減らすことが大事。
不満な気持ちがいっぱいのままでは、相手の気持ちを思いやる余裕もない。
自分を大切にすること、自分を満たすことは実は、夫と子供を大切にすることにつながります。

 

 

●相手の気持を考える

自分の目線ではなく、相手の目線・客観的な目線・未来の自分の目線など
身体を動かしながら色々な視点で現在の状況を考えていくワークを行いました。

講座風景

するとどうでしょう。それまで夫に感じていた負の感情が消えていきました。
未来の自分からの言葉を聞いた時点で、自分がすべき大切なことが見えてきました。

 

●夫への感謝、夫からの感謝。

私達は夫の気持ちをどれだけ理解しているでしょうか?
「自分の気持ちでさえよくわかっていないのに、
夫の気持ちまで考えたことがなかった」という方が大半です。

「私は夫に何を求めているのか?感謝していることは何か?」
「夫は私に何を求めているのか?感謝していることは何か?」

ということについて考えました。

講座風景

書き出してみると、実にたくさんのことを頼んだり、してもらっていることに気づかされます。
今の幸せに改めて気づき涙する人もいました。
もちろん私だってなかなか、いろいろ頑張っていると思いました。

 

<理想のライフスタイルを叶えるPoint★>

どんなにそばに居ても、自分の気持ちや相手の気持ちは、伝え合わないと分からない。
本音を話せないのは本音がわかっていないから。
(ますます、内省の大切さを痛感しました。 )
夫婦二人だけの対話の時間を持つことも、長い人生にとって大事な時間です。

 

 

●夫への感謝を手紙に

芽生えた感謝の気持ちを夫への手紙に書いてみます。
感謝の思いが溢れているので、書き上げるのは容易いことでした。
むしろ伝えたいことをまとめるのに頭をひねりました。

講師から「夫への気持ちに変化があれば、手紙は渡さなくても関係も変わるから楽しみに」、
という言葉がありましたが、実際に手紙を渡した人がほとんどではないかと思います。

 

 

●伝える練習

ここでいよいよ実践編です。
女性は感情的に話をしてしまう場合が多いですが、
男性は感情をぶつけられると困ってしまいます。
冷静に、淡々と、自分の「感情」を伝えることが大事です。

伝えたいことを、
「なぜ(理由)」「何をしたいのか」「どうやってするのか」「今すぐしてほしいこと」
という項目に分解して伝える練習をしました。

「なぜ」が明確だと理解しやすい人もいれば、「何をしたいのか」が明確だと理解しやすい人もいる。
人によって受け入れやすい話し方には違いがあります。

講座風景

私は、【伝えたいこと】「衣装ケースを片付けたい!」を題材に練習をしました。
 

【なぜ(理由)】
毎日息子の相手で手一杯で、散らかった衣装ケースが出しっぱなしで
家事効率が悪くなっているから片付けたいと思ってるの。

【何をしたいのか】
1人で整理整頓をする時間が欲しいから、2時間ぐらい息子の相手をしてくれない?

【どうやって】
公園とか図書館とか外で遊んで来てもらえると嬉しいな。

【今すぐ】
次の週末に時間がとれそうか、スケジュールを確認してくれる?

 

最後に講師の『夫が妻に一番に求めているものは、妻の笑顔』
の一言に一同笑い声が響きます。
パパとママが笑顔でいることが、何よりの子どもへの贈り物になると、私も思いました。

 

 

●講座全体のまとめ

私は、全3回の講座の終着点は自分を大切にして、
自分を満たして私も家族も笑顔でハッピーになることだと思いました。
まず自分の気持ちを大切にし、自分を信じて、なりたい状態を決めて、
言葉にして言ってみる、やってみる。

そうして毎日をワクワク、ポジティブに、自分も家族も大切に、気負わずにこつこつと積み重ねていく。
立ち止まってもまた再び歩き出せばそれでよし。

集合写真

ママのライフデザインcafeで学んだ私たちならばきっと、
「なりたい”わたし”と”かぞく”」を実現できそうですね!

(文:企画運営委員  長谷川綾子)

 

※こちらの講座の番外編「家族のライフデザインcafe~夫婦ゆる会議のススメ~」が
申込受付中です!詳しい内容は、こちらからご覧ください。

家族のライフデザインcafe~夫婦ゆる会議のススメ~ホームページ

家族のライフデザインcafe~夫婦ゆる会議のススメ~ [PDFファイル/661KB]

家族のライフデザインcafeリーフレット表

 

※「ママのライフデザインcafe」の概要はこちらからご覧ください。 (定員に達したため、申込は終了しました。)

ママのライフデザインcafe~なりたい”わたし”と”かぞく”が描く~ホームページ

ママのライフデザインcafe~なりたい”わたし”と”かぞく”が描く~ リーフレット [PDFファイル/783KB]

ライフデザインcafeリーフレット

ライフデザインcafeリーフレット裏面

※この講座は、「母になって考える、私のキャリア~毎日が楽しくなるMYコンパスの見つけ方~」
(平成29年度助戸公民館各種講座)卒業生の有志で組織した企画運営委員会と助戸公民館が
協働で企画・運営しています。

 

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)