ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 税務課 > 令和4年度(令和3年分)給与支払報告書の提出期限は令和4年1月31日です

令和4年度(令和3年分)給与支払報告書の提出期限は令和4年1月31日です

印刷用ページを表示する掲載日:2021年12月1日更新

 給与支払報告書は、給与所得者にとって申告書に代わる重要な書類です。

 令和3年中に給与を支払った方は、給与支払報告書を令和4年1月31日(月曜日)までに提出してください。提出先は、給与等支払いを受けた方が令和4年1月1日現在で居住している市区町村です。 

【本市提出先:〒326-8601 栃木県足利市本城3丁目2145番地 足利市役所税務課市民税担当 宛】

 近隣市区町村役所(場)の所在地便覧はこちら からダウンロードできます。参考に御活用ください。

 

ダウンロード様式

令和4年度給与支払報告書(総括表)及び普通徴収切替理由書 兼 仕切書はこちらからダウンロードできます。
 

総括表・普通徴収切替理由書留意点についてはこちらからダウンロードできます。

提出が必要な方

給与支払者(令和3年中に給与や賃金を支払った人)

 ※法人・個人を問いません。

給与支払報告書作成上の注意

 給与支払報告書は、令和3年中に給与や賃金などの支払いをした、パートやアルバイトを含むすべての従業員様分を作成・提出してください。

・令和3年中に退職された従業員様についても、作成・提出が必要です。

・「支払いを受ける者」欄の「住所、フリガナ、生年月日、個人番号」は、個人特定に重要ですので、もれなく正確に記入してください。外国人については、通称名等ではなく、在留カード等を御確認の上、記載してください。

・中途就職者で、前職給与を合算している場合は、摘要欄に「前職給与支払者、退職年月日、支払金額、社会保険料の金額、源泉徴収税額」を記載してください。

 

eLTAX又は光ディスク等による提出義務基準の引き下げについて

令和3年1月1日以後に提出する給与支払報告書(又は公的年金支払報告書)の、eLTAX又は光ディスク等による提出義務基準について、源泉徴収票の提出枚数が100枚以上(改正前:1,000枚以上)に引き下げられました。

詳しい内容についてはこちらを御確認下さい。

普通徴収への切替について 

 給与支払報告書作成対象者に、翌年度の市・県民税を特別徴収できない方が含まれる場合は、普通徴収切替理由書 兼 仕切書を提出してください。普通徴収に切り替えられるのは、符号「普A」~「普F」に該当する方のみです。

・普通徴収とする方がいる場合は、普通徴収切替理由書 兼 仕切書の該当する符号にそれぞれ人数を記入の上、該当者の給与支払報告書摘要欄にも符号を記入してください。

・eLTAX等の電子媒体で提出する場合は、普通徴収切替理由書 兼 仕切書の提出は不要ですが、給与支払報告書の摘要欄に符号を入力してください。

早めの報告に御協力をお願いします

 従業員様に退職・転勤等の異動が生じた場合「給与所得者異動届出書」の提出が必要です。

 従業員様の異動連絡が無い(給与所得者異動届出書が未提出)場合、退職・転勤者に係る市・県民税の納税義務は、特別徴収義務者に残ったままとなります。

 また、令和4年度 市・県民税は、1月31日までに提出いただいた給与支払報告書と、4月18日までに届出(受理)された「給与所得者異動届出書」に基づき、特別徴収税額を決定します。

 給与支払報告書提出後に、退職・転勤等が生じた場合、速やかに異動届出書を提出してください。

 給与所得者異動届出書はこちらからダウンロードできます。

  ・令和4年4月18日までに「給与所得者異動届出書」を提出した場合

  ⇒ 令和4年5月発送「税額決定通知」は、届出された退職・転勤者が除外されます。

  ・令和4年4月18日までに「給与所得者異動届出書」が未提出の場合

  ⇒ 令和4年5月発送「税額決定通知」は、未届の退職・転勤者が含まれます。(後日異動届出書の提出が必要となります。)

電子申告を御利用ください

 給与支払報告書の提出及び電子納税はeLTAXが便利です。

 eLTAXを御利用いただければ、パソコン等で作成した給与支払報告書データを、報告対象となる複数の市町村に一度のまとめて送信できます。

 また、eLTAXでは、市・県民税(特別徴収分)及び法人市民税の電子納税が可能です。

 御利用にあたっては地方税ポータルシステムeLTAXを御確認ください。

   ホームページ…http://www.eltax.lta.go.jp/

   ヘルプデスク…0570-081459又は03-5521-0019

 

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)