ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 保険年金課 > 後期高齢者医療制度Q&A

後期高齢者医療制度Q&A

印刷用ページを表示する掲載日:2013年4月1日更新

後期高齢者医療制度に関してよくいただくお問い合わせです。

お知りになりたい項目をクリックしてください

<資格>

<保険料>

<給付>

■資格

 

質問1の1 もうすぐ75歳の誕生日を迎えますが、必要な手続きを教えてください。

回答1の1 

加入の手続きは不要です。

75歳を迎えるお誕生日の1週間~10日前に、住民基本台帳に登録されている住所へ保険証を郵送します。
なお、75歳になる方のご家族が、75歳になる方の保険の扶養(職場の保険の被扶養者)だった場合は、別の方の保険の扶養になるか、お住まいの市町村の国民健康保険へご加入されるかどちらかをお選びいただき、ご加入の手続きをしてください。

このページのトップへ

 

質問1の2 保険証の有効期限が近づいています。更新手続きの仕方を知りたいのですが。

回答1の2

更新の手続きは不要です。
期限が切れる1週間~10日前に、住民基本台帳に登録されている住所へ保険証を郵送します。

このページのトップへ 

質問1の3 期限が切れている古い保険証が手元にあります。どう処分したらよいですか?

回答1の3

市役所でお預かりしております。
また、お近くの公民館(織姫・助戸公民館を除く)でもお預かりしております。
お越しいただくことができない場合は、期限の切れた保険証を細かく裁断してから廃棄してください。

このページのトップへ 

 

質問1の4 保険証を紛失してしまいました。再交付できますか?

回答1の4

はい、できます。
市役所1階 13番窓口でお手続きした場合は、その場で再交付した保険証をお渡しします。
公民館(織姫・助戸公民館を除く)でお手続きした場合は、後日、再交付した保険証を郵送します。
     【お持ちいただくもの】
     ○本人が手続きをする場合・・本人確認ができるもの(介護保険証、運転免許証など)
                       印かん
     ○代理の方が手続きをする場合・・上記のほかに、代理の方の印かん、
                 代理の方の本人確認ができるもの(運転免許証、保険証など)

このページのトップへ 

 

質問1の5 後期高齢者医療の保険証とはどういうものですか?

回答1の5 保険証の見本

    医療を受けるときは、この保険証を忘れずに窓口へ提示してください。

このページのトップへ 

 

質問1の6 被保険者本人が現在入院中で、減額認定証の申請をするよう案内いただきました。
      申請は代理の者でも可能ですか?

回答1の6

入院の際、病院から減額認定証の申請について案内をいただきましたら、まずは申請できる対象者となって
いるか、保険年金課にお問い合わせください。

対象者となっており、手続きに必要なものが揃っていれば、代理の方でも申請できます。
     ○申請に必要なもの⇒保険証、印鑑
     ○申請場所⇒市役所 1階 保険年金課 13番窓口 もしくは 公民館(織姫・助戸公民館を除く)
     なお、公民館(織姫・助戸公民館を除く)での申請の場合は、後日、減額認定証を郵送します。

・減額認定証の申請をすることができる対象者・・・世帯の全員が住民税非課税である方

このページのトップへ 

 

質問1の7 外来で月8000円もかかっていないのですが、減額認定の申請は必要ですか?

 回答1の7

外来で月8000円かからなくても、急な入院などに備えて事前に申請されることをお勧めいたします。

このページのトップへ 

 

 

 

 

■保険料(後期高齢者医療保険料、以下、保険料)

 

質問2の1 現在、保険料は年金からの差し引きで納めていますが、口座振替に変更したいのですが・・・・。

回答2の1

手続きをとることにより、口座振替に変更することができます。
市役所へのお申し出と金融機関への口座振替申込が必要です。
くわしくは、高齢者医療担当へお問い合わせください。

 このページのトップへ 

質問2の2 確定申告の際、社会保険料控除として申告できる保険料額を教えてください。

回答2の2

特別徴収(年金から差し引き)で納めている方は、年金支払者(日本年金機構など)から届く「源泉徴収票」で金額を確認してください。

普通徴収(納付書または口座振替)で納めている方は、保険年金課高齢者医療担当又は収税課へお問い合わせください。納付済額確認書を発行します。

このページのトップへ 

 

質問2の3 保険料を納めた後で、保険料の減額通知が届きました。多く納めた分は戻ってくるのでしょうか?

 回答2の3

はい、戻ります。
後日、保険料の還付通知を郵送します。
還付金は口座振込いたしますので、還付通知に同封されている「口座連絡票」を市役所へ返送してください。
すでに還付口座をご指定されている方は、その口座に振り込みいたします。

なお、死亡により減額になった場合、年金から差し引きされていた方は、年金支払い元からの還付連絡が市役所に届いてからのご案内になりますので、還付まで多少お時間がかかります。
あらかじめ、ご了承ください。

このページのトップへ 

質問2の4 75歳で後期高齢者医療の被保険者になりましたが、後日、保険料の決定通知書が届きました。
      国民健康保険税も納めているので、二重払いになるのではないでしょうか?

 回答2の4

保険料は月単位で計算しているため、二重払いにはなっておりません。
くわしくは年度途中からの計算方法をご覧ください。 

このページのトップへ 

質問2の5 保険料の決定通知と一緒に納付書が届きました。
      納め忘れが心配なので口座振替にしたいのですが、どうしたらいいですか?

 回答2の5

口座振替の手続きはこちらをご覧ください。

このページのトップへ 

質問2の6 被保険者が既に死亡しているのに、保険料の決定通知書が届きました。
      保険料を納めなければならないのでしょうか?

 回答2の6

保険料の決定通知書と一緒に納付書が同封されていた場合は、保険料を納めてください。
納付書が同封されていなければ、保険料の減額通知ですので納付の必要はありません。

なお、納期が過ぎた保険料分の納付書は同封されていないこともあります。
お手元に納期の過ぎた納付書が見当たらない場合は 市役所 保険年金課 高齢者医療担当 もしくは 収税課 収税担当 までお問い合わせください。

このページのトップへ 

 

 

■給付

質問3の1 これから入院予定ですが、高額療養費の手続きはどのようにしたらいいですか?

回答3の1

事前の手続きは不要です。
以前高額療養費に該当になり口座の登録をされている方が、高額療養費に該当した場合、自動的に口座に入金します。
入金日近くなりましたら、支給決定通知書を郵送します。

初めて高額療養費に該当になる方には、口座の登録申請のご案内を郵送しますので、ご案内が届きましたら手続きを行って
ください。

なお、世帯全員の方が住民税非課税の場合、申請により、「限度額適用・標準負担額減額認定証」 が発行されます。
これを事前に病院の窓口に提示しますと、入院時の食事代や窓口での自己負担額を減額することができます。
くわしくはこちらをご覧ください。

このページのトップへ

 

質問3の2 高額療養費(その他、療養費、高額介護合算療養費、葬祭費等の支給金)の振込先はゆうちょ銀行を指定してもよいですか?

回答3の2

はい、ゆうちょ銀行も指定できます。

このページのトップへ 

 

質問3の3 高額療養費の振込先口座を変更したいのですが可能ですか?

回答3の3

はい、できます。
変更の申請手続きを行ってください。
   ○申請に必要なもの⇒保険証、印かん、振込先口座の通帳
   ○申請場所⇒市役所 1階 保険年金課 13番窓口 もしくは 公民館(織姫・助戸公民館を除く)

このページのトップへ 

      

質問3の4 高額療養費(その他、療養費、高額介護合算療養費等の支給金)の振込先は、被保険者本人の口座以外でもよいですか?

回答3の4

はい、本人以外の口座でも可能です。
ただし、その場合は委任状が必要です。 

このページのトップへ 

質問3の5 高額療養費の申請をするよう案内の通知が届いていましたが、記載されている申請の期日を過ぎてしまいました。今からでも申請できますか?

回答3の5

はい、申請できます。
ただし、2年間を経過しますと時効になりますので、あらかじめご了承ください。 

このページのトップへ

 

質問3の6 葬祭費の振込先は、喪主又は施主以外の口座でも可能ですか?

回答3の6

はい、可能です。
ただし、その際は、「委任状」が必要です。

このページのトップへ 

 

質問3の7 葬祭費の申請をしたいのですが、市外に住んでいるため、なかなか手続きに行く時間がありません。
      申請はいつまでできますか?

 回答3の7

申請は2年間有効です。
なお、郵送でも受け付けておりますので、その際は 市役所 保険年金課 高齢者医療担当 までご連絡ください。

このページのトップへ 

質問3の8 定期的に医者にかかっています。健康診査の受診券が届いたのですが、受けなくてはいけないのでしょうか?

 回答3の8

必ず受診しなければならないものではありませんが、早期の予防や治療を受けることができるので受診をお勧めします。
健康診査の料金は無料です。かかりつけの医師にご相談ください。

このページのトップへ

 

質問3の9 健康診査の受診券を失くしてしまいました。再発行してもらえますか?

 回答3の9

はい、再発行できます。
市役所 保険年金課 高齢者医療担当 までご連絡ください。
受診券を郵送いたします。

このページのトップへ 

質問3の10 人間ドックを受ける予定ですが、何か補助はありますか?

 回答3の10

はい、あります。
くわしくはこちらをご覧ください。

このページのトップへ 

質問3の11 申請の際に印かんが必要とありますが、実印でなくても構いませんか?

回答3の11 

はい、申請の際は「認印」で構いません。(シャチハタを除く)

このページのトップへ 

質問3の12 市役所まで行くことが出来ません。公民館でも手続きはできますか?

回答3の12

公民館では、できる手続きとできない手続きがあります。また、手続きによっては郵送でも可能なものもあります。
くわしくは 市役所 保険年金課 高齢者医療担当 までお問い合わせください。

このページのトップへ 

質問3の13 被保険者本人が認知証のため、保険証や保険料通知を失くしてしまいます。
       受取先を家族のところに変更したいのですができますか?

回答3の13

はい、できます。
送付先変更届申請書を 市役所 1階 保険年金課13番窓口 へ提出してください。
郵送でも受け付けておりますので、ご連絡ください。

このページのトップへ

 

後期高齢者医療制度トップへ