ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 保険年金課 > 後期高齢者医療の保険料について

後期高齢者医療の保険料について

印刷用ページを表示する掲載日:2017年4月1日更新

平成28年度・29年度の保険料率・保険料の計算方法はこちらをご覧ください。 [PDFファイル/1.71MB]]

保険料は2年に一度見直しを行っております。

また、平成29年度から保険料の軽減特例措置が見直されます。

保険料について

 後期高齢者医療制度では被保険者全員に保険料を負担していただきます。
 被保険者全員に負担していただく「均等割額」と被保険者の所得に応じて負担していただく「所得割額」の合計額となり、前年の所得をもとに、個人ごとに計算されます。

 保険料の決定は「栃木県後期高齢者医療広域連合」が行い、保険料の徴収は「足利市」が行います。

 なお、保険料率は栃木県内のいずれの市町にお住まいでも同じです。

≪28年度・29年度≫

均等割額43,200円

所得割額
(前年の所得-33万円)×8.54%
保険料
(上限額 年57万円)

*年度の途中で国民健康保険から後期高齢者医療制度に移行された場合の計算方法はこちらをご覧ください

 

軽減特例措置の見直しについて

所得の低い方や被用者保険の被扶養者であった方については、保険料の軽減措置がありますが、そのうち特例として実施している軽減が、国の医療保険制度改革により、段階的に見直されます。平成29年度の特例措置は次のとおりです。

※所得の低い方

 ・所得割額の特例措置は、5割軽減から2割軽減に見直されます。

 ・均等割額の特例措置(9割、8.5割軽減)は、平成29年度においても継続されます。

※被用者保険の被扶養者であった方

 ・均等割額の特例措置は、9割軽減から7割軽減に見直されます。なお、所得の低い方への9割、8.5割軽減に該当する場合は、そちらが優先されます。

 

保険料の納め方

年金から納める(年金から直接差し引かれる)『特別徴収』と、納付書または口座振替により納める『普通徴収』があります。
昨年度は「特別徴収」で納めていただいた方でも、今年度は「普通徴収(納付書または口座振替)」で納めていただく場合があります。
納付方法は保険料額決定通知書で確認してください。
また、年度の途中で保険料額の変更等がありますと、普通徴収(納付書または口座振替)になる場合がありますのでご注意ください。

 

特別徴収(年金から差し引かれる納付方法)

こういう場合、特別徴収になります⇒特別徴収(クリックしてください)

保険料が決定しますと、『後期高齢者医療保険料額決定通知書・徴収通知書』を送ります。

 

【納期】

 

1期

2期

3期

4期

5期

6期


 納期月 

4月

(仮徴収)

6月

(仮徴収)

8月

(仮徴収)

10月

(本徴収)

12月

(本徴収)

2月

(本徴収)

 

・特別徴収の方は、口座振替に変更することもできます。
 ご希望される場合は、手続きが必要ですので、市役所保険年金課高齢者医療担当までご連絡ください。
 口座開設までには時間がかかり、ご希望月からの対応ができない場合がありますのでご了承下さい。

・後期高齢者医療保険料は、所得税並びに個人住民税の社会保険料控除の対象となります。

 

普通徴収(納付書や口座振替により納める方法)

特別徴収にならない方は、納付書でお支払いいただくか、口座振替になります。

口座振替の手続きは、収税課ホームページをご覧ください。 

 

保険料が決定しますと、
口座振替の場合=『後期高齢者医療保険料額決定通知書・徴収通知書』を送ります。
納付書(納入通知書)の場合=『後期高齢者医療保険料額決定通知書・納入通知書』を送ります。

 

【納期】

 

 1期 

 2期 

 3期 

4期

5期

6期

 7期 

 8期 

 納期月 

 7月 

 8月 

 9月 

10月

11月

12月

 1月 

 2月 

納期月の末日が土曜・日曜・祝日の場合は、翌営業日が納期限になります。

 

【納付場所】

  • 足利市役所(収税課窓口)
  • 各公民館(織姫・助戸公民館を除く)
  • 足利銀行 
  • みずほ銀行
  • 群馬銀行
  • 東和銀行
  • 栃木銀行
  • 桐生信用金庫
  • 足利小山信用金庫
  • 商工組合中央金庫
  • 中央労働金庫
  • 足利市農業協同組合
  • 関東各都県および山梨県のゆうちょ銀行・郵便局(納期限内に限ります)

 

 

後期高齢者医療保険料を納めないでいると

保険料を滞納していると、督促手数料および延滞金が徴収されるほか、滞納処分がおこなわれます。
また、保険証が通常のものよりも有効期間の短いものが交付されたり、病院の窓口でのお支払いが全額自己負担になる資格証明書が交付される場合があります。

保険料は納期内に納めましょう。

後期高齢者医療制度トップページへ

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)