ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 保険年金課 > 65歳以上で一定の障害のある方の加入

65歳以上で一定の障害のある方の加入

印刷用ページを表示する掲載日:2013年4月1日更新

65歳以上で一定の障害(※1)のある方は、広域連合に申請し、障害の状態にあると認定(※2)された場合、
国民健康保険など現在加入している医療保険から、後期高齢者医療制度に移ることができます。

後期高齢者医療制度に移ると、医療機関での窓口負担割合や保険料などが低く(お安く)なる場合があります。

詳しくは保険年金課高齢者医療担当へお問い合わせください。
なお、加入を希望する場合は、申請に必要なものをご持参いただき手続きしてください。

※1 一定の障害とは、高齢者の医療の確保に関する法律施行令別表に該当する以下の障害となります。

   (1)身体障害者手帳:1~3級、4級の一部
   (2)精神障害者保健福祉手帳:1級、2級
   (3)療育手帳:A1、A2
   (4)国民年金法等の障害年金:1級、2級

※2 「認定」とは広域連合の認定をいいます。身体障害者手帳などの交付を受けるための認定とは異なります。

申請に必要なもの

印鑑(認印)
現在お持ちの手帳(上記(1)~(3))
現在加入している保険証
(重度心身障害者医療受給者証、特定疾病療養受療証をお持ちの方はそちらの証もご持参ください)

申請場所

足利市役所保険年金課 高齢者医療担当 本庁舎1階13番窓口