ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

個人情報保護制度

印刷用ページを表示する掲載日:2010年9月27日更新

市が行う個人情報の取扱いについて基本的な一定のルールを定めるとともに、どなたでも市が保有する自分の情報を見たり、その誤りの訂正を求めたりすることができます。

市が行う個人情報の取り扱いの基本的なルール

  • 必要以上の情報は集めない
  • 原則として本人から集める
  • 集めた個人情報は、原則として集めた目的以外に利用したり、他へ提供しない
  • 個人情報を集めるときは、開始届を作成し、皆さんがその内容を見られるようにする
  • 正確かつ最新なもので、必要がなくなれば速やかに破棄する等適正な情報管理を行う

保障されている権利(請求できるもの)

  • 市が保有する自分の情報について、開示を請求することができます
  • 市が保有する自分の情報について、誤りがあれば、その訂正の請求ができます
  • 自分の情報の取扱いに関して、収集の制限を超えて収集されているときは、当該情報の削除の請求ができます
  • 目的外利用の制限を超えて目的外利用等をしているときは、利用等の中止の請求ができます

開示の請求ができる情報

昭和63年4月1日以降(市議会については、平成11年7月1日以降)に市が作成したり取得し、保有している行政情報です。ただし、次の行政情報は除きます。

  1. 法令等により開示することができないもの
  2. 開示請求者以外の個人情報があり、開示することにより、その人の権利や利益を害するもの
  3. 個人の評価、診断等に関する個人情報で、開示することにより、その評価、診断等に支障が生じるもの
  4. 開示することにより、企業・団体の利益等を損なうもの
  5. 開示することにより、国・県等との協力関係を損なうもの
  6. 開示することにより、市の内部や国等との間の審議、検討、協議に支障が生じるもの
  7. 開示することにより、市が行う事務事業の公正、円滑な執行に支障が生じるもの
  8. 開示することにより、人の生命や財産の保護等に支障が生じるもの
  9. 市の要請により公にしないとの条件で任意に提供されたもの
  10. 法定代理人に開示することにより、本人の利益に反するもの

開示等請求の窓口

市民資料室 (市役所本庁舎別館1階)

開示等請求の方法

請求書に必要事項を記入し、窓口に提出してください。請求書は、窓口にもありますが、以下からダウンロードもできます。

なお、請求の際、本人であることを証明する書類(免許証、パスポート等)を必ず提示してください。

個人情報開示請求書 [Wordファイル/131KB]
個人情報開示請求書 [PDFファイル/71KB]

個人情報訂正等請求書 [Wordファイル/139KB]
個人情報訂正等請求書 [PDFファイル/71KB]

開示等の決定 

開示の請求を受けた日から15日以内にできるかどうかの決定をし、通知します。

また、開示できる場合には、日時及び場所をお知らせします。

費用

閲覧は無料ですが、写しの交付にはコピー代(1面10円、A3判以下)が必要です。

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)