ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 健康増進課 > 濃い味禁止♡足利 減塩生活プロジェクト

濃い味禁止♡足利 減塩生活プロジェクト

印刷用ページを表示する掲載日:2020年4月20日更新

濃い味禁止♡減塩生活プロジェクトとは

健康あしかが21プラン(2期計画)の中間評価において、脳血管疾患の死亡率が栃木県平均の1.5倍、全国平均の約2倍となっています。また、高血圧を引き起こす塩分摂取量も高く、若い世代からの減塩の取り組みが必要となっています。

参考

食事摂取基準では、一日の塩分摂取量を、成人男性7.5グラム未満、成人女性6.5グラム未満となっていますが、安足地区は一日平均10.2グラム(H28年度県民健康・栄養調査調べ)と塩分を摂り過ぎている状況です。

 そこで、令和2年度より「高血圧ゼロのまちづくり」事業をスタートし、その一環として「濃い味禁止♡足利 減塩生活プロジェクト」を実施しています。

※高血圧ゼロのまちづくり事業の詳細はこちらから

高血圧ゼロのまちづくり概要 [PDFファイル/1.91MB]

プロジェクトの内容

1 子どもの頃から減塩意識を高められるよう、児童を対象に塩分摂取の実態調査と減塩教育を実施

2 公民館などで、具体的な減塩方法などを普及するため、減塩生活出前講座を実施

3 外食やテイクアウトでもおいしく減塩ができるよう、飲食店等を対象にスマートミール(「健康な食事・食環境」認証制度)の認証をサポート

4 減塩に関する情報発信

・健康増進課公式SNS「へるすらぼ」

・学校給食室発行「食育だより」「給食だより」

 

期待される効果

・子どもの頃から、「減塩」「うす味」という言葉が意識されるようになり、家族または地域で減塩に取り組むようになる。

・健幸アンバサダー等により減塩についての正しい知識が健康無関心層へも伝えられ、減塩を意識する人の輪が広がる。

濃い味ロゴ

 

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)