ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 児童家庭課 > こどもSOS(エスオーエス)

こどもSOS(エスオーエス)

印刷用ページを表示する掲載日:2011年2月16日更新

下のいずれかの項目をクリックすると、このページ内の該当部分に移動します。

みんなの悩みを相談してね

クラスのみんなや、先生には話せないこと。自分ではどうにもできないこと。ひとりで悩んでいませんか?

きみの悩みをだれかに相談してみよう。きっと光が見えてくるはずだから。

相談窓口一覧表
相談の名称相談できること電話番号相談できる時間など
24時間
子供SOSダイヤル
いじめについての相談全国統一
0570-0-78310
24時間対応
ホームページはこちら
いじめ相談
さわやかテレフォン

子どもだけの専用電話
いじめ、不登校、学校生活についての相談

028-665-9999

24時間対応
(日曜日はファクス・Eメールで対応)
ホームページはこちら

チャイルドライン

18歳までの子どもがかける専用電話
パンフレット [PDFファイル/1.35MB]

0120-99-7777月曜日から土曜日まで
午後4時~午後9時
ホームページはこちら
こころのダイヤル心の悩みや苦しみの相談に専門の相談員が応じます。028-673-8341

月曜日から金曜日まで
午前9時~午後5時
ホームページはこちら

ヤングテレフォン少年の悩み、いじめなどについて電話で指導・相談します。0120-87-4152

月曜日から金曜日まで
午前9時~午後4時
ホームページはこちら

子どもの人権110番子どもの人権についての相談0120-007-110月曜日から金曜日まで
午前8時30分~午後5時15分 
ホームページはこちら
インターネット人権相談インターネットから悩みごとを送ると、後日、Eメールでお答えします。(電話・面談になることもあります)ホームページはこちら24時間
メンテナンスのため、一時的に利用できないことがあります。

 

「虐待かな・・・!?」と思ったら

児童虐待は、子どもの生きる力を奪い、人としての尊厳を傷つける行為です。「そんなつもりではなかった」と思っても、子どもが傷ついたり、「恐い、つらい」と感じていたら、それは虐待になります。

虐待を受けたと思われる子どもを見かけた時は、児童家庭課や児童相談所に連絡(通告)してください。連絡(通告)した人の秘密は守られます。

相談窓口一覧表
相談の名称対応時間電話番号設置者
児童相談所
全国共通ダイヤル

24時間対応

189

厚生労働省
ホームページはこちら
匿名通報ダイヤル

月曜日から金曜日まで
午前9時~午後6時15分
(通報のみ受け付けています)

0120-924-839警視庁
ホームページはこちら
子どもの虐待について月曜日から金曜日まで
午前8時30分~午後5時15分
0284-20-2251足利市役所 児童家庭課
ホームページはこちら
子どもに関する相談窓口栃木県内の相談窓口を紹介ホームページ参照栃木県
ホームページはこちら

 

子どもに関する悩みの相談窓口

子育てについて悩んだとき、ひきこもり・不登校で悩んだとき、いじめについて悩んだときなどのための、専門の相談窓口です。相談者のプライバシーにも配慮して対応していますので、安心して、お気軽にご相談ください。

相談窓口一覧表
相談の名称相談できること電話番号相談できる時間など
テレフォン児童相談子育てについての心配や悩みごとなどの相談028-665-7788毎日午前9時~午後8時
ホームページはこちら
家庭教育相談室しつけ、育児、非行など家庭教育上の様々な親の悩みごと
青少年の悩みごと
0284-42-8884月曜日から金曜日まで
午前9時~午後5時
ホームページはこちら
家庭児童相談室子育てや児童福祉に関する相談0284-20-2251月曜日から金曜日まで
午前8時30分~午後5時
ホームページはこちら
足利いのちの電話苦しいとき、不安なときなど一人で悩まずに…0284-44-0783毎日午後3時~午後9時
ホームページはこちら

 

子どもの権利条約

『子どもの権利条約(児童の権利に関する条約)』という名前を聞いたことがありますか?これは、世界中のすべての子どもたちがもっている“権利”について定めた条約です。戦争に巻きこまれてしまったり、防げる病気で命をうしなってしまったり、つらい仕事で1日が終わってしまったり…。世界には厳しいくらしをしている子どもたちがいます。

『子どもの権利条約』は、そんな子どもたちをはじめ、世界中の子どもたちの強い味方です。ユニセフという組織が中心となって、この条約に書かれた“子どもたちの権利”を守るために活動しています。

この条約は大きくわけて次の4つの子どもの権利を守るように定めています。そして、「子どもにとっていちばんいいことを実現しよう」とうたっています 。

生きる権利

  • 防げる病気などで命をうばわれないこと。
  • 病気やけがをしたら治療を受けられることなど。

育つ権利

  • 教育を受け、休んだり遊んだりできること。
  • 考えや信じることの自由が守られ、自分らしく育つことができることなど。

守られる権利

  • あらゆる種類の虐待(ぎゃくたい)や搾取(さくしゅ)などから守られること。
  • 障害のある子どもや少数民族の子どもなどはとくに守られることなど。

参加する権利

  • 自由に意見をあらわしたり、集まってグループをつくったり、自由な活動をおこなったりできることなど。

子どもの権利条約ってなんだろう?
子どもの権利条約についての詳しい内容は、上のバナーをクリックするとご覧になれます。

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)