ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 危機管理課 > 土砂災害警戒区域等の周知について

土砂災害警戒区域等の周知について

印刷用ページを表示する掲載日:2014年9月10日更新

いつ起こるかわからない風水害から身を守るためには、日頃から知識を修得し、災害発生時に適切な避難行動をとることが必要です。住民の防災意識・危機意識の向上のため、土砂災害警戒区域、避難場所、気象情報や避難勧告等の伝達・収集方法などについて、改めて下記のとおりお知らせいたします。

1.土砂災害警戒区域や避難場所の確認をしましょう

 土砂災害が発生したときに被害のでるおそれがある区域や避難場所について、下記のホームページで確認することができます。

 まず、台風や大雨に備えて、お住まいの住居が土砂災害警戒区域にあるのか、また、避難場所はどこなのか、ご確認をお願いします。

 足利市の洪水・土砂災害ハザードマップ(内部リンク)

【土砂災害計画区域をより詳細に確認したいときには】

 とちぎ土砂災害危険個所マップ(栃木県)(外部リンク)

2.気象情報や避難に関する情報の伝達・収集方法

防災気象情報等

 防災気象情報や河川の水位は、下記のホームページなどで確認することができます。

  宇都宮気象台ホームページ(外部リンク)

 とちぎリアルタイム雨量河川水位観測情報(栃木県)(外部リンク)

 また、大雨による土砂災害発生の危険度が高まったときに発表される「土砂災害警戒情報」は、下記のホームページやテレビ、ラジオ等で確認できます。

 とちぎ土砂災害警戒情報(栃木県)(外部リンク)

避難に関する情報

 市が発令する避難に関する情報です。慌てず情報をよく確認して行動してください。

 避難準備・高齢者等避難開始
    避難するのに時間がかかる要配慮者やその支援者に対し、避難行動を促すために発令します。
    通常の避難行動ができる人も、家族との連絡、非常持ち出し品の用意などの準備を始めましょう。

 避難勧告
    災害による被害の危険性が高まったときに発令します。
    すべての住民は、指定された避難場所に迅速に避難してください。

 避難指示(緊急)

    災害による被害の危険性が、著しく切迫しているときに発令します。
    避難していない住民は直ちに避難してください。万が一避難する余裕がない場合にも命を守る行動を取ってください。

避難勧告等を発令したときには、足利市は消防・防災情報メールや広報車による呼びかけ、テレビ報道などにより住民の皆さんへお知らせいたします。

 

3.こんなときは土砂災害に注意しましょう

下記の土砂災害の前兆現象を見かけたら、すぐに避難することを心がけてください。

  • 地面にひび割れができている
  • 山鳴りがする
  • 小石がパラパラ落ちてくる
  • 斜面から水がふきだす
  • 川の流れが濁り流木が混ざりはじめる
  • 沢や井戸の水が濁る
  • 雨が降り続いているのに川の水位が下がる

 

4.とるべき避難行動

 土砂災害警戒区域内やがけ下、渓流沿いなどにお住まいの方は、大雨の際や土砂災害警戒情報が発表された際には、早めに安全な場所に避難しましょう。

 また、夜間に大雨が予想される際には、暗くなる前に避難することがより安全です。避難する際は他の土砂災害警戒区域を避けて避難しましょう。

 なお、豪雨などで避難場所への避難が困難なときには、近くの頑丈な建物の二階以上に緊急避難したり、さらに困難な際には、家の中のがけから離れた部屋や二階などの少しでも安全な場所に移動しましょう。