ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 商工振興課 > 足利市金券「輝きチケット」取扱店を募集しています!―取扱店登録料、換金手数料は無料です―

足利市金券「輝きチケット」取扱店を募集しています!―取扱店登録料、換金手数料は無料です―

印刷用ページを表示する掲載日:2017年4月3日更新

たくさんの応募をお待ちしております!

 市では、市内での消費拡大及び商業活性化を目的として、市民の方に、現金又は商品券等を支給している事業(一部を除く。)につきましては、平成25年度から市内の店舗で使用できる「足利市金券(輝きチケット)」に切り換えて支給することになりました。

 現在、この金券を使用できるお店(足利市金券取扱店)を募集しています。「足利市金券取扱(新規・変更)申込書」に必要事項をご記入のうえ、足利市役所産業観光部商工振興課(本庁舎別館2階)まで、お申込みください。

 

金券の発行者

 足利市

金券取扱開始時期

 平成25年4月1日

金券発行見込額(平成29年度分)

 約5千万円

発行内容(平成29年度分)

 額面1,000円の金券を5万枚発行

金券取扱店の範囲

 市内に店舗を有し、あらかじめ市の登録を受けた事業者とします。

 ただし、風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律(昭和23年法律第122号)第2条第1項第7号及び第8号並びに同条第5項の規定に該当する営業を行う方は除きます。

申込書

 申込書は、市ホームページからダウンロードできるほか、商工振興課にも置いてあります。

 ◎足利市金券取扱(新規・変更)申込書 [PDFファイル/121KB]/ (記入例) [PDFファイル/130KB]

 ◎足利市金券取扱廃止届 [PDFファイル/94KB]

取扱店登録料

無料

換金方法及び換金有効期限

 金券取扱店は、利用者から受け取った金券と預金通帳を市内の金融機関の窓口に持参し、換金の手続きをしてください。換金手数料は無料です。その後、金券取扱店指定の口座に振り込みます。

 なお、金券の換金有効期限は、その金券の使用有効期限の翌年3月までとします。

 

足利市金券取扱店についてよくある質問Q&A

 Q1 取扱店になると、利用できる店舗であることを示す表示がされますか ?

 取扱店になった店舗には、後日、登録証とステッカー等を配布いたします。また、市内の取扱店一覧表を作成して、足利市のホームページでのお知らせと、取扱店や金券利用者に配布をいたします。  

 

Q2 受け取った金券の換金方法は ?

 市内金融機関にて、換金請求書に必要事項を記入のうえ、金券、預金通帳と一緒に金融機関の窓口に提出してください。手続き後から数日して、指定口座に振り込まれます。

 

Q3 換金手数料を支払うのでしょうか ?

 受け取った金券を換金する際の手数料は必要ありません。

 

Q4 金券の発行時期はいつからですか ?

 平成25年4月から発行されますが、一度に発行されるのではなく、年間を通じて市の事業が実施されるごとに発行されます。

 

Q5 おつりは出すのでしょうか ?

 おつりは出ないように使っていただきます。額面以上のお買い物での利用を願います。

 

Q6 金券の使用有効期限は ?

 発行された金券の使用有効期限は、発行年度の翌年度の12月31日までで、使用有効期限を経過した金券は使用できません。

 (例)平成28年5月10日発行の金券の使用有効期限は平成29年12月31日、

    平成29年5月10日発行の金券の使用有効期限は平成30年12月31日になります。 

Q7 換金の有効期限は ?

 店舗が受け取った金券の換金有効期限は、金券の使用有効期限の翌年の3月までです。

 (例)平成28年5月10日発行の金券の換金有効期限は平成30年3月31日、

    平成29年5月10日発行の金券の換金有効期限は平成31年3月31日になります。

足利市金券の取り扱いについては、こちら(足利市金券”輝きチケット”の取り扱いが始まります!)をご覧ください。

 

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)