ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 人権・男女共同参画課 > 女(ひと)と男(ひと)の輝きプラン21 あしかが 足利市男女共同参画基本計画(第3期)

女(ひと)と男(ひと)の輝きプラン21 あしかが 足利市男女共同参画基本計画(第3期)

印刷用ページを表示する掲載日:2016年4月1日更新

平成28年3月に策定しました「女(ひと)と男(ひと)の輝きプラン21 あしかが 足利市男女共同参画基本計画(第3期)」を紹介します。

第1章 計画の基本的な考え方

1.策定の背景・趣旨

 本市では、昭和61(1986)年に「婦人のための足利市総合計画」、平成4(1992)年に「第2次あしかが女性プラン」、平成8(1996)年に「第3次あしかが女性プラン『かけはし21』」、平成13(2001)年に「足利市男女共同参画プラン」を策定、さらに、平成16(2004)年に「足利市男女共同参画推進条例」(以下「条例」という。)を施行しました。条例に基づき平成18(2006年)に「女(ひと)と男(ひと)の輝きプラン21あしかが 足利市男女共同参画基本計画」を策定しました。

 平成23(2011)年には「仕事と生活の調和(ワーク・ライフ・バランス)」や配偶者等からの暴力に関する施策を取り入れた「女(ひと)と男(ひと)の輝きプラン21あしかが 足利市男女共同参画基本計画(第2期)」を策定しました。

 しかしながら、家庭や職場等、さまざまな分野での男女平等については、女性の方が不平等感を抱いていることや、性別に基づく固定的な役割分担意識は依然として存在していることも表れています。

 そこで、男女共同参画に関する施策を総合的かつ計画的に推進し、さらなる男女共同参画社会の実現を目指すため、「女(ひと)と男(ひと)の輝きプラン21 あしかが 足利市男女共同参画基本計画(第3期)」を策定します。

2.基本理念

  1. 男女の人権の尊重
  2. 社会における制度又は慣行についての配慮
  3. 政策等の立案及び決定への共同参画
  4. 家庭生活における活動と他の活動の両立
  5. 男女の生涯にわたる健康の確保
  6. 国際社会の動向への留意

3.基本目標

基本目標1 男女(だれも)が対等なパートナーとして尊重し合い参画できるまちづくり

基本目標2 ワーク・ライフ・バランスで多様な生き方の選択が可能なまちづくり

基本目標3 男女(だれも)が健康に暮らせる安心・安全なまちづくり

基本目標4 DV(配偶者等からの暴力)の根絶と被害者を守るまちづくり

4.市・市民・事業者の責務

  1. 市の責務

 男女共同参画社会の形成を重要課題として、本計画に掲げる施策を総合的、計画的に実施します。また、市民、事業者、国及び県と相互に連携を図り、率先して取り組んでいきます。

  1. 市民の責務

 職場、学校、地域、家庭その他の社会のあらゆる分野において、男女共同参画社会の形成の推進に積極的に取り組むとともに、市が実施する施策に協力するよう努めます。

  1. 事業者の責務

 事業活動を行うに当たっては、男女共同参画社会の形成の推進に積極的に取り組むとともに、市が実施する施策に協力するよう努めます。

5.計画の性格

 この計画は、男女共同参画社会基本法及び条例に基づく計画であり、本市における男女共同参画社会の形成に関する施策について定めるものです。

 また、この計画の基本目標4「DV(配偶者等からの暴力)の根絶と被害者を守るまちづくり」の各施策は、「配偶者からの暴力の防止及び被害者の保護等に関する法律」第2条の3第3項の規定に基づく、本市における「配偶者からの暴力の防止及び被害者の保護のための施策の実施に関する基本的な計画」とします。

6.計画の期間

 計画の期間は、国・県との整合性を考慮し平成28年度から平成32年度までの5か年とします。 

7.計画の構成

第2章 施策の方向

基本目標1 男女(だれも)が対等なパートナーとして尊重し合い参画できるまちづくり

  1. 男女の人権を認め合う意識の高揚
  2. 男女平等観に立った教育の推進
  3. 政策・方針決定の場への女性の参画の促進

基本目標2 ワーク・ライフ・バランスで多様な生き方の選択が可能なまちづくり

  1. 働く場における男女平等の推進
  2. 家庭・地域における男女共同参画の促進
  3. 仕事やその他の活動の両立を可能にする環境の整備

基本目標3 男女(だれも)が健康に暮らせる安心・安全なまちづくり

  1. 生涯を通じた男女の健康支援
  2. 誰もが安心して暮らせる環境の整備

基本目標4 DV(配偶者等からの暴力)の根絶と被害者を守るまちづくり

  1. 暴力を許さない社会づくり
  2. 被害者の相談・支援体制の充実
  3. 関係機関・団体等との連携

第3章 計画の推進

 1 推進体制

 本計画の総合的かつ効果的な推進を図るため、市長を本部長とする男女共同参画推進本部を設置し、推進本部のもとに関係課長で構成する幹事会を置きます。また、市長の諮問に応じ、関係機関の代表者や学識経験者等で構成する男女共同参画審議会へ調査・審議を依頼し、答申報告を受けます。

2 進行管理

 本計画に掲げた施策の実施状況等に関する年次報告をまとめ、男女共同参画審議会に報告するとともに、市民、事業者に対し公表します。

3 計画が目指す数値目標(詳細はプラン参照)

  男女共同参画基本計画(第3期)概要版 [PDFファイル/3.59MB]

  表紙・はじめに・目次・裏表紙 [PDFファイル/9MB]

  第1章 計画の基本的な考え方 [PDFファイル/12MB]

  第2章 施策の方向 [PDFファイル/4.82MB]

  第3章 計画の推進 [PDFファイル/7.25MB]

  参考資料 [PDFファイル/4.95MB]

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)