ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 農林整備課 > 県産きのこの放射性物質モニタリング検査結果について

県産きのこの放射性物質モニタリング検査結果について

印刷用ページを表示する掲載日:2017年5月9日更新

 県産きのこ等に対する放射性物質の影響を把握するためのモニタリング検査が実施されました。

 このうち足利市内の生産物に関する最新情報は、以下のとおりです。

     品   目

結  果 (単位:ベクレル/kg)

備 考

判 定

放射性

セシウム 134

放射性

セシウム 137

セシウム134と

セシウム137の合計

原木しいたけ(露地)

不適合

78

110

190

H24

4/11

原木しいたけ(施設)

適合

  検出せず

検出せず

検出せず

H29

3/21

菌床しいたけ(施設)

適合

検出せず

13.0

13

H29

4/25

菌床まいたけ(施設)

適合

4.42

7.54

12

H25

3/26

原木なめこ

(露地)

適合

検出せず

4.74

4.7

H28

11/15

原木ひらたけ

(露地)

適合

検出せず

検出せず

検出せず

H26

11/4

うらべにほていしめじ【野生】

適合

検出せず

検出せず

検出せず

H24

10/26

基 準 値

1 0 0

 

○原木しいたけ(露地)については、基準値を超える放射性物質が検出された事から、平成24年4月12日付で国からの出荷制限指示が出されております。

○平成27年11月11日付で乾しいたけ(原木施設栽培)の出荷自粛が全面解除となりました。

 詳細については以下のリンクよりご覧ください。