ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 健康増進課 > 健康あしかが21プラン(2期計画)を策定しました

健康あしかが21プラン(2期計画)を策定しました

印刷用ページを表示する掲載日:2014年4月1日更新

健康あしかが21プラン(2期計画)を策定しました

健康はいきいきと生涯を送るには欠かせないものであり、市民一人ひとりが自分の健康を考え、自分に合った健康づくりを実践することが必要です。市では、より一層、市民の健康づくりを進めるため、計画の策定を検討してきました。

このたび、平成26年度を初年度とし、平成30年度を目標年次とする2期計画が完成しましたのでお知らせします。

計画の基本理念

 <ヘルスプロモーションの推進 >

 ヘルスプロモーションとは、市民一人ひとりが自分の健康をコントロールできるように、最適な支援を行うことであり、健康の向上を通じて、より豊かな人生の実現を目指すものです。

 本計画では、市民が主体的に健康づくりに取組めるように、知識・技術の提供や、個人の健康づくりを容易にするための住民組織活動、関係機関・団体による環境づくりを進めることにより、市民の健康の向上と、より豊かな生活の実現を目指します。

計画の将来像・目標

「すべてのひとがいきいきと暮らせるまち 足利」

 すべての市民が生涯を通じてすこやかに心豊かに生活できる期間(健康寿命)をできるだけ伸ばしていくことを目標にしています。

計画の基本方向

1 生活習慣病の発症予防と重症化の予防の徹底(がん、脳卒中・心臓病、糖尿病)

 生活習慣病の一次予防の推進と、合併症の発症や重症化の予防に取組みます。

2 地域主体の健康づくりの推進

 市民一人ひとりが、主体的に地域での健康づくりや生きがいづくり活動をとおして、人とのつながりを深めることができるよう取組みます。

3 次世代・高齢者の健康づくり並びにこころの健康づくり

 ライフステージに応じて、それぞれの健康観に基づき、健康づくりが実践できるよう取組みます。

4 生活習慣6領域における健康づくり(栄養・食生活、運動・身体活動、休養、喫煙、歯・口腔の健康)

 健康づくりの基本要素としての6つの領域に関して、分野ごとに市民一人ひとりが生活習慣の改善を図るとともに、自然に健康づくりができるよう取組みます。

健康あしかが21プラン(2期計画)PDF版

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)