ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

まちなみ修景補助

印刷用ページを表示する掲載日:2010年9月27日更新

 地方都市の個性を活かしたまちづくりが全国的に活発になるなかで、残された古いまちなみの整備などが各地で盛んに行われています。
 足利には、本来的な意味の歴史的なまちなみはないにしても、足利学校・鑁阿寺周辺地域は歴史的雰囲気を基調とした景観の整備や創出が可能な地域です。
 参道沿い等に関しては都市デザインや、沿道建築物の外観等を整えることにより、また都市開発事業等の地区では魅力と潤いのある景観の創出によって、より質の高い地域形成が図られます。このため次の方法により街路景観と一体になった歴史的雰囲気をもたせるまちなみ整備や都市景観の整備創出に努めています。

歴史的なまちなみ整備及び都市景観整備創出の対象区域

・伝統的文化都市事業による「足利学校前アプローチ道」の沿道一宅地。・歴史的街路事業による 「大日大門通り」 「足利学校通り」 「大日北門通り」 「大日南門通り」 「大日家富町通り」 「足利学校裏門通り」 の沿道一宅地。・足利学校・鑁阿寺周辺地域における都市開発事業実施地区。

歴史的まちなみ修景及び都市景観創出の方法

・歴史的な雰囲気形成の必要がある石畳の路線単位をひとつのまちなみ区域とし、「道路から望見できる建物外観」を対象にして、まちなみ修景及び景観の創出を行ないます。又、歴史的地区内の都市開発事業実施区域についても、魅力と潤いのある都市景観の整備創出を行ないます。・歴史的なまちなみ区域や都市開発事業実施区域の関係住民の合意による、まちなみと環境美化の計画や申し合せ等を定めて、全体的な共通認識を図ります。
・まちなみ修景等の基準にしたがって建物を含む修景の整備及び景観の創出をする場合は、「補助金交付要領」に基づき補助金が交付(限度額 2,000,000円以内)されます。・まちなみ修景等の基準に基づき、区域内で新築 ・ 改築及び景観を創出する施設整備等を計画したときは、足利市 都市計画課までご相談ください。