ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

デザイン委員会

印刷用ページを表示する掲載日:2010年9月27日更新

足利市都市デザイン委員会

足利の都市デザインのあるべき姿を想定し、地域毎のデザイン及び都市施設のデザインに関して、必要な事項を調査、審議するため、昭和55年に設立されました。
  設立当初は、主に旧市内を対象に「顔」づくりとしてのデザインの設定と、その実現のための方策などを取りまとめるなどしていましたが、現在は市長から提起されたデザイン上の課題の協議とともに、公共デザイン協議や足利市建築文化賞(昭和58年創設)の応募作品の審査などを実施しています。

足利市都市デザイン委員会の概要

設置年月日昭和55年7月7日
設置根拠都市デザイン委員会規約
主要目的1.足利の都市デザインのあるべき姿の検討
2.地域毎の特色あるデザイン、色彩に関する検討
3.市の施工する建築物のデザイン、色彩に関する検討
4.都市デザインの啓蒙、PR