ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 行政管理課 > 経営管理課の業務案内

経営管理課の業務案内

印刷用ページを表示する掲載日:2010年9月27日更新

課長会議

 課長及びこれに相当する他の機関の職員をもって構成し、職務執行に関する指示等を行う機関です。毎年2回開催します。付議事項は、次のとおりです。

  1. 全庁に共通する執務方針に関する事項
  2. 全庁に共通する所属事務所の指揮監督に関する事項
  3. その他必要な事項

行政組織

 組織間の連絡調整の活性化や人員の有効活用を図るため、平成15年度から大幅な組織のスリム化と担当制を導入しています。

 また、組織改正にあわせた事務室配置も行っています。

地方分権

 平成12年4月の地方分権一括法の施行以来、国・県からの権限、財源の移譲要望等、自主・自立の分権型社会の実現に向けて、県内13市と協調体制を取り、権限移譲の拡大などに取り組んでいます。

指定管理者制度

 「指定管理者制度」とは、平成15年9月に地方自治法が改正され、これまでの管理委託制度に代わって新しく創設された制度です。

 その目的は、多様化する住民ニーズに、より効果的・効率的に対応するため、公の施設の管理に民間の能力を活用しつつ、住民サービスの向上を図るとともに、経費の削減等を図ろうとするものです。

公告式

 「公告式」とは、次のような事項について公に広く一般に周知するための行為又はその形式をいい、本市では市の掲示場に掲示してこれを行うとしています。

条例、規則等の公布

市や各執行機関が行う指定、決定等の処分その他の行為で告示や公告の形式をとるもの

 市の掲示場は、市役所本庁舎前及び織姫、助戸公民館を除く15公民館の合計16箇所に設置されています。

 公告式の主な内容は、

  • 条例、規則等の公布
  • 告示-議会の招集・閉会、市道路線の認定・廃止及び変更、都市計画の変更、放置自転車の移動及び保管 など
  • 公告-公示送達、市有財産の公売、都市計画事業の図書の縦覧 など
  • その他各執行機関の公告事項等

 ※公告式による具体的な内容は市民資料室でもご覧になれます。

例規の審査及び制定改廃

 条例、規則、規程などの制定改廃について、市役所の各課に対する指導、助言等を行うとともに、足利市例規審査委員会を組織し、その事務局となっています。

 この例規審査委員会は、条例等の立案にあたり審査の迅速と正確を期するために、委員10名、事務局4名で構成され、年5回開催しています。

訟務等の助言及び調整

 市の一般業務における法律相談や市が当事者である訴訟等について、市役所の各課に対する助言及び調整を行うほか、弁護士相談業務における顧問弁護士との連絡調整を行っています。

行政区域及び行政町名

 隣接市町との行政区域の境界確認業務や行政町及び字の区域の設定、変更及び廃止に係る事務手続を行っています。

市章、市旗及び市歌

 市章、市旗及び市歌の管理等を行っています。市旗は、昭和10年11月16日に制定されました。

 市歌に関する詳しい情報は、市歌のページをご覧ください。

市議会の招集及び議案等

 市議会における定例会、全員協議会、常任委員協議会の開催等にかかる市当局内部及び議会との連絡調整等とともに、議案等の調製、提案を行います。

自衛官募集事務

 自衛官募集に関する事務は法定受託事務として規定されており、自衛隊足利地域事務所と連携をとり、広報誌への自衛官募集記事の掲載、リーフレットの公民館配布、試験会場の確保などを行い、また、より円滑な募集活動推進のため自衛官募集事務相談員を自衛隊栃木地方協力本部長との連名で委嘱しています。

 自衛隊募集に関する詳しい情報は、自衛隊栃木地方協力本部のホームページをご覧ください。