ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 市街地整備課 > 中心市街地活性化事業

中心市街地活性化事業

印刷用ページを表示する掲載日:2010年9月24日更新

足利市中心市街地活性化基本計画(平成10年度策定)

足利市では、中心市街地活性化法の施行(平成10年)を契機に、中心市街地における基盤施設の整備や商業振興などの各種施策・事業を総合的に推進するため、平成10年12月に「足利市中心市街地活性化基本計画」を策定しました。

1.なぜ、今中心市街地活性化なのか

足利市の中心市街地は、長い歴史の中で文化、伝統を育み様々な都市機能を培ってきた「街の顔」であり、重要な役割を果たしてきました。これからも中心市街地は、便利で快適な生活空間として、また、“人、モノ、情報”等の活発な交流によって豊かで活力ある地域経済の発展に大きく貢献することが期待されます。
しかしながら、近年の中心市街地の空洞化の進行は、まさに“足利のアイデンティティー(個性、独自性)”の喪失の危機に直面しているといえます。今、私たちは、次世代のために賑わいと活力ある「街の顔=足利の顔」を取り戻すことを最大の課題として捉え、中心市街地のまちづくりに取り組んで行きます。

2.中心市街地活性化に向けた取り組み

中心市街地が抱えるいろいろな課題を一つひとつ解決し、「足利の顔」として賑わいや活力を取り戻すため、将来都市像「歴史から未来へ“ときめきの都市 足利”」のもと、市民と行政の協働によるまちづくりを推進していきます。
まずは、生活の場として着実に復活していくために、“居住人口の回復”をめざします。また、交流の場として観光、行政サービス、ビジネス等による“交流人口の増加”を図ります。これらの施策を総合的・一体的に行っていきます。そのための取り組みとして、[都市基盤施設の整備/居住人口の回復/賑わいと活力の再生/福祉の充実/魅力的な街並みの創出]を5つの基本方針とします。

中心市街地活性化基本計画・基本方針:居住人口の回復、賑わいと活力の再生、都市基盤施設の整備、福祉の充実、魅力的な街並みの創出
活性化の基本構想:1.中心市街地の整備改善、2.商業等の活性化、3.中心市街地の魅力向上
中心市街地の区域と基本構想図:活性化基本計画に定める中心市街地は、足利学校、鑁阿寺周辺の商業地域及び市役所周辺の約60haの区域です。
中心市街地の区域:約60ヘクタール
基本構想図
イメージパース1
イメージパース2
イメージパース3
根拠法令・・・中心市街地における市街地の整備改善及び商業等の活性化の一体的推進に関する法律

栃木県まちなか元気会議

栃木県では、平成11年7月に県と関係市町から構成する栃木県まちなか元気会議(会長:県副知事)を設置し、中心市街地活性化のための調査研究や普及啓発活動を進めています。