ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 元気高齢課 > 介護報酬算定の届出について

介護報酬算定の届出について

印刷用ページを表示する掲載日:2015年4月6日更新

次の場合に介護報酬算定の届出が必要となります。

  1.  新たに指定を受けるとき
  2.  法改正等により届出事項が追加・変更になったとき
  3.  すでに届出を行っているが、届出の内容に変更があったとき
  •   加算等の要件を満たさなくなったとき(この状態で加算等の請求を行うと不正請求となります。)
  •   新たな加算等の要件を満たしたとき

提出期限

介護報酬算定の届出については、以下のとおりサービス種類ごとに提出期限が定められています。提出期限までに届出が受理された場合、その翌月から算定開始となります。

  • 加算等の算定を受ける月の前月15日まで

  認知症対応型通所介護、小規模多機能型居宅介護、定期巡回・随時対応型訪問介護看護、看護小規模多機能型居宅介護

  • 加算等の算定を受ける月の前月末日まで

  認知症対応型共同生活介護、地域密着型介護老人福祉施設入所者生活介護

(注)介護予防サービスについても上記と同様になります。

介護報酬算定の届出に係る様式

介護報酬算定に関する届出書類については、以下の様式を参照し各サービス種類の加算項目等ごとに、届出に必要な書類等を提出してください。

平成27年度介護報酬改定に伴い、様式を修正しました。(平成27年3月26日)

共通

介護職員処遇改善加算の各種様式を更新しました

認知症対応型通所介護

小規模多機能型居宅介護

認知症対応型共同生活介護

地域密着型介護老人福祉施設入所者生活介護

定期巡回・随時対応型訪問介護看護

看護小規模多機能型居宅介護